車のトリセツ Vol.5
2020.02.17
CAR

ビートルもゴルフもID.3も。一度は乗るべきフォルクスワーゲンの「国民車」

車のトリセツ●走行に関するトリセツはダッシュボードの中にあるけれど、各メーカーの車の魅力を紐解くトリセツはなかなか見つからない。だから始める、オートマティックで好きになったあの車を深掘り、好きな理由を探るマニュアル的連載。

ビートルから始まった国民車

フォルクスワーゲンという社名は「国民車」という意味だ。第二次大戦前、フェルディナント・ポルシェとアドルフ・ヒトラーによって誕生した当時の“ドイツ国民のための車”が、その名の由来となっている。

戦時中フォルクスワーゲンは軍用車として転用されたが、終戦後、戦争に勝利した連合国軍側は荒廃したフォルクスワーゲンの工場の可能性にすぐさま気づく。

結果、戦後すぐに「国民車」の生産は再開され、今なお人気の車種「ビートル」として世界中の人に愛される車となった。

1945年の終戦後すぐに工場は再開され、同年8月にはイギリス軍が2万台のビートルを発注している。

ちなみにビートルとは、同車の最大の市場であったアメリカでの愛称が次第に用いられるようになったと言われている。ドイツでは「ケーファー(カブトムシなど甲虫類)」と呼ばれた。

ワンボックスタイプの「タイプ2」を始め、たくさんの派生モデルを生んだビートルだが、ドイツでは1978年に生産が終了。その後も海外の工場で生産が続けられたが、2003年7月30日にメキシコ工場で最後の2152万9464台目がラインオフしたことで、約68年間の幕を閉じた。

ビートルをベースにピックアップトラック、バン、マイクロバス、クーペ、ワゴンなどさまざまな派生車種が生まれ、今も根強い人気がある。
NEXT PAGE /

国民の車を“世界の車”にしたゴルフ

ビートルの後継モデルとして開発されたのが、1974年にデビューした「ゴルフ」だ。デザインしたのはカーデザイン界の巨匠ジョルジェット・ジウジアーロ。

ビートルと形はまったく異なるものの、コンパクトなボディに快適な居住空間を備え、比較的手頃な価格に抑えられたこの車は、ビートル、そしてフォルクスワーゲンの基本思想を継承したモデルと言える。

1974年に登場した初代ゴルフ。ビートル同様、ゴルフも派生モデルが度々登場し、最近ではカブリオレやクーペのシロッコ、ミニバンのトゥーラン、SUVのティグアン、またビートルのリファインモデルであるザ・ビートルのベースにもなっていた。

初代ゴルフは瞬く間にコンパクトカーのベンチマークモデルとなり、世界中のライバル社はゴルフがモデルチェンジするたびに、同水準以上のコンパクトカーを目指すためにゴルフを研究したと言われる。

そのゴルフの新型(8代目)は2019年8月にドイツでデビュー。日本には2020年後半に導入される予定だ。

日本未導入の8代目ゴルフ。自動運転技術の一部である運転支援システムや、ほかの車や信号などと通信し、事故や渋滞などの情報を共有できる機能や、通信技術でソフトウェアを常時アップデートできるなどデジタル化が一気に進んだ。マイルドハイブリッドモデルも用意されている。

フォルクスワーゲン社はこれまで度々他社の買収を繰り返し、現在ではアウディやベントレー、ブガッティ、ポルシェ、ランボルギーニなどを傘下に収め、グループ全体での2019年販売台数は4年連続で世界ナンバー1の企業体になっている。

ちなみに買収戦略で同グループを世界トップクラスの企業へと導いた立役者はフェルディナント・ピエヒ氏。フォルクスワーゲンの原型をつくったフェルディナント・ポルシェ博士の孫にあたる。2019年に、惜しまれながら82歳で亡くなった。

 

新たな国民車へ。今後10年で約75車種の電気自動車を投入

フォルクスワーゲンは以前から、ディーゼルエンジンを得意としていた。しかし2015年のアメリカでの排気ガス不正問題を受けて、大市場であるアメリカをはじめ販売が低迷。これを機に、フォルクスワーゲンは大きく電動化へと舵を切った。

2019年11月にはグループで2029年までに約75車種の電気自動車を投入すると発表。一気に電気自動車へと進んで行くことを鮮明にした。世界ナンバー1の自動車メーカーが電気自動車の時代もリードし続けていけるのか、今後10年のフォルクスワーゲンからも目を離せない。

フォルクスワーゲンとしては、現在7型の電気自動車の販売を予定している。その中からゴルフサイズのID.3(写真)が2019年11月から生産が開始された。2020年中旬にはドイツを皮切りに販売開始の予定。
NEXT PAGE /

[現在の主な車種]

・ゴルフ

同社の基幹モデル。国内では現在7代目で、先述の通り間もなく新型(8代目)に切り替わる。搭載エンジンは2Lディーゼルターボ、1.2Lと1.4Lのターボ。これに7速ATが組み合わされる。

ほかに2LターボのGTI、2Lターボ×4WDのゴルフR、プラグインハイブリッドのGTE、電気自動車のeゴルフとバリエーションが豊富。モデル末期ということでGTIをチューニングしたスペシャルモデル・GTI TCRも限定販売されているなど、今なら選択肢が豊富。

 

・ポロ

ゴルフよりひと回りコンパクトなハッチバック。コンパクトといってももはや現行型は初代ゴルフのサイズを上回り、全幅が1700mmを超えて3ナンバーとなったが、全長は約4mと街乗りには便利なサイズ。

搭載エンジンは1Lターボと1.5Lターボ。いずれも7速ATが組み合わされる。衝突被害軽減ブレーキやアダプティブ・クルーズ・コントロール、駐車時の自動ステアリング操作など、ひとつ上のクラスであるゴルフと同等の機能を備えている。

 

・Tクロス

2019年11月に登場したばかりのポロクラスのSUV。といってもほかの欧州勢のSUVと同じように、FF車(フロントにエンジンを載せ、前輪を駆動)のみだ。搭載されるエンジン・ミッションは1Lターボ×7速AT。

ポロ同様、衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロール、駐車時の自動ステアリング操作など先進機能を備える。現時点では2グレードあるが、いずれもグレード名に「1st」と入っている。ということは今後2ndや3rdなどラインナップが拡充される!?

NEXT PAGE /

・ゴルフ トゥーラン

ゴルフをベースに開発された、輸入車には貴重な7人乗りミニバン。搭載されるエンジンは1.4Lターボと、ライバルの国産ミニバンにはない2Lディーゼルターボ。ガソリン車には7速AT、ディーゼル車は6速ATが組み合わされる。

衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロール、車線中央をキープする運転支援システムなど先進安全装備も充実している。

 

・パサート

ゴルフよりひと回り大きなセダン&ワゴン。車内や荷室が広く、仕様も上質で、日本での知名度は今ひとつだが、ヨーロッパでは人気が高い。

現在モデル末期のため、搭載されるエンジンは2Lターボと2Lディーゼルターボの2種類に絞られ、いずれも6速ATと組み合わされる。もちろん先進安全装備も充実。ワゴンタイプには、車高が少し高く4WDシステムを備えた、悪路走破性の高い「オールトラック」も用意されている。

 

籠島康弘=文

# トリセツ# フォルクスワーゲン#
更に読み込む