車のトリセツ Vol.4
2020.02.11
CAR

【マツダのトリセツ】「無理!」に立ち向かい続けた成功の100年間

車のトリセツ●走行に関するトリセツはダッシュボードの中にあるけれど、各メーカーの車の魅力を紐解くトリセツはなかなか見つからない。だから始める、オートマティックで好きになったあの車を深掘り、好きな理由を探るマニュアル的連載。

2020年1月30日に創立100周年を迎えたマツダ。

マツダの100年は、「そんなの無理だ」と言われるほど、燃えあがり、必死に立ち向かってきた職人たちの歩みと言えるだろう。

「ロータリーエンジンなんて無理だ」

例えばメルセデス・ベンツや日産などいくつかのメーカーが挑戦し、諦めていったなかで、ロータリーエンジンの可能性を信じ続けたマツダは、1967年に発表したコスモスポーツで世界初のロータリーエンジン搭載車の量産に成功する。

コンパクトなロータリーエンジンのメリットを活かした低いボンネットなど、スタイリッシュなデザインがいまだ根強いファンを持つコスモスポーツ。1967年登場。

1991年には、ロータリーエンジンを搭載したマシンでル・マン24時間耐久レースに参戦、そして日本車として初めて優勝まで飾り、世界を驚かせた。結局2012年のRX-8の生産終了まで約45年もの間、マツダはロータリーエンジンを造り続けている。

1991年にルマンで優勝した「マツダ787B」。最大400馬力を発生するロータリーエンジンを搭載していた。

 

「エンジンで環境規制やハイブリッドに対抗するなんて無理だ」

ロータリーの火が消えたのと同じ年、今度はクリーンディーゼルエンジンの「スカイアクティブ-D」を搭載したCX-5を発売。ここでも、他社がディーゼルエンジンのNOxやススなど規制対象の物質を浄化するための尿素SCRという装置を備えるなかで「それだと値段が高くなってしまう」と、主流であった尿素SCR装置なしでクリーン化に挑戦。

そのためには当時「無理だ」と言われた混合気の低圧縮化を実現しなければならなかったが、世界一低い圧縮率で見事に環境基準をクリアした。

環境性能への答えとして、当時すでに主流になっていたハイブリッドではなく、ディーゼルを選択。写真の初代CX-5から始まり、今ではロードスターと軽自動車を除く全車に搭載されている。

一方でガソリンエンジンの低燃費&高出力化を追求し、これまた「無理だ」と言われていた混合気の高圧縮技術にもチャレンジ。一般的にガソリンエンジンで使われれる点火プラグを使わずに、ディーゼルエンジンのように混合気を圧縮するだけで点火することに世界で初めて成功した。この「スカイアクティブ-X」エンジンは2019年からマツダ3やCX-30に搭載が開始されている。

1996年にフォードの傘下に入ったのち、2015年に再び独立。2017年にはトヨタとの提携を結ぶなど、経営面での紆余曲折を経ても、彼らはこれからも、「無理」を覆すものづくりに挑戦し続けていくだろう。

NEXT PAGE /

絶対に譲れない美しさと人馬一体

マツダ車の特徴といえば、上記のエンジンのほかにも、言及しておくべき点がある。

ひとつはデザインの美しさだ。

マツダは2012年のCX-5から「魂動(こどう)デザイン」を全車のテーマに据えている。その時代にフィットさせながら、「生命感をカタチにする」という根底の部分はブレていない。何しろ全社の意思共有を図るため、魂動デザインをカタチにしたオブジェがあり、それを社内ではご神体のように大切にしているほどだ。

現時点での最新のデザインコンセプトを表現したモデル、ビジョンクーペ。2018年に世界各国の自動車メーカーの現役デザインディレクターを中心とする審査員の投票で「コンセプト・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

そもそもコスモスポーツをはじめ、昔からマツダのデザインには定評があった。1992年にデビューしたユーノス500は、数々の名車を手掛けたカーデザイン界の巨匠ジウジアーロが「世界で最も美しい小型サルーン」と称えたほどだ。

ユーノス500。全長約4.5mの4ドアセダンで、1.8L〜2Lエンジンを搭載していた。当時の販売店ブランド「ユーノス」で1992年から1996年にかけて販売されていた。

もうひとつの魅力は、頑なに人馬一体な走りこだわっていること。

車とドライバーが一体化する、いわゆる人馬一体という言葉は、同社で度々使われる。だからこそのエンジン開発や「魂動デザイン」なのだが、もうひとつ端的に表れているのが、他社よりもMT車をラインナップする割合が極端に多いことだ。

現在ラインナップしている全11車種のなかで、マツダ3のセダンとCX-8以外には、すべてMT車が用意されている。セダンでもコンパクトカーでもSUVでも、車を自ら操る楽しさを味わってほしいという同社の思いは、もしかしたらMT車でこそより、味わえるのかもしれない。

NEXT PAGE /

[現在の主な車種]

現在、マツダ車はすべて海外と同一表記に移行している。またスズキからOEMで供給されている軽自動車も用意されている。

・マツダ2

2019年のマイナーチェンジを機にデミオから車名を変更。同社のエントリークラスとなるコンパクトハッチバックだ。搭載されるエンジンはガソリンの1.5Lと、このクラスでは国産唯一となるディーゼルの1.5L。6速MTか6速ATが選べる。

エントリーながら上級車同様にG-ベクタリングコントロールプラス(※コーナリングの際に、車の加速度をコントロールし車両を安定化。乗員の体の揺れを低減する)や、i-ACTIV AWD(※スリップの予兆を検知して瞬時にトルクを配分。スリップを未然に防ぐ4WDシステム)といった同社独自の最先端技術が投入されているほか、本革シート仕様も用意されている

 

・マツダ3

2019年のフルモデルチェンジを機にアクセラから車名を変更。ハッチバック(ファストバックと同社では呼ぶ)とセダンがある。エンジンはスカイアクティブXの2Lと従来の2Lガソリン、1.5Lガソリン(ハッチバックのみ)、1.8Lのディーゼルがある。これに6速ATと、ハッチバックは6速MTも用意。

「骨盤を立てて座る」という同社が理想とするドライビングポジションを取れるよう、コクピット周りのデザインに特に注力されたモデルだ。

 

・マツダCX-30

2019年にデビューした、CX-5よりひと回り小さいSUV。「都市生活にフィットするサイズ」を意識したという。国内市場では激戦区のカテゴリーで最後発ということもあり、内外装のデザインでも差別化が図られている。

エンジンはスカイアクティブXの2Lと従来の2Lガソリン、1.8Lのディーゼルがある。全グレードに2WD/4WDが用意されている。ディーゼル車は6速ATのみだが、ガソリン車は6速MTも選択できる。

NEXT PAGE /

・マツダCX-8

マツダのSUVの国内トップグレードで、3列シートを備えるSUV。2列目は、ベンチシートの3人用(全7人乗り)とキャプテンシートの2人用(全6人乗り)がある。

エンジンは2.5Lガソリンと同ターボ、2.2Lディーゼルがあり、いずれも6速ATが組み合わされる。こちらも全グレードに2WD/4WDが用意されている。上級グレードは本革シートや本木目パネルなど装備類が充実している。ちなみに海外ではさらに大きなCX-9がある。

 

・マツダロードスター

1989年に登場した初代から数えて4代目となる2シーターオープンスポーツカー。国内では数少ないオープンカーであり、かつFR車(フロントにエンジンを載せ、後輪を駆動)だ。幌は手動で開閉。電動格納式ハードトップを備えたロードスターRFもある。

ドライバーの意志に車が忠実に反応するという、同社が目指す「人馬一体」が最もわかりやすいモデル。エンジンは専用の1.5Lガソリンで、6速MTか6速ATが選べる。

 

籠島康弘=文

# トリセツ# マツダ#
更に読み込む