2019.09.23
CAR

グラマラスなアウディQ8で向かった、白馬の極上キャンプ場

「新しいカタチはいつもアウディ」と言われるくらい、車のデザイントレンドを牽引してきたアウディ。大ブレークのきっかっけとなったのは、1998年に登場した初代アウディ「TT」や、3世代目のアウディ「A6」から採用されたシングルフレームグリル(現在どのメーカーも採用する大きな開口部)の先鋭的デザインによるところが大きい。

SUVブームに伴いアウディにもQファミリーが登場し、その派生モデルが続々と登場する。

そこからアウディは、日本はもちろん、世界的な大ブレークを果たし、ラグジュアリーブランドとしての地位を確立。SUVブームに伴いアウディには“Qファミリー”が登場し、その派生モデルが続々と登場する。

そう、トンがったアウディデザインがSUV界にも飛び込んできたのである。

アウディ初のSUVクーペ「Q8」の魅力

アウディ初のSUVクーペ「Q8」の魅力

今回紹介するのは、そんな波にノッているアウディのSUVクーペ「Q8」。昨今、ラグジュアリーSUV界を席巻する“クーペトレンド”のなか、満を持して、ブランド初となるSUVクーペの登場である。

特筆すべきはそのグラマラスなスタイル。思わず「アウディのSUVはこうじゃなくては! 」と心の中で叫んでしまうほど。

特筆すべきはそのグラマラスなスタイル。思わず「アウディのSUVはこうじゃなくちゃ! 」と心の中で叫んでしまうほど。というのも「Q8」は、よくあるSUVのルーフラインを極端に下げて“クーペ”と謳うのではなく、後席の居住空間はしっかり確保しながら、ボディサイズは「Q7」に比べ全長は75mm短く、全高は30mm低く、全幅は25mm広くなっているのだ。

この全長75mmの短さが実は見た目に大きく影響していて、大きな体躯ながらグラマラスな印象を持てるのだ。

一方で彫りの深い顔つきは、Qファミリーのフラッグシップとして8角形になったシングルフレームグリルを採用。「Q8」ならではの専用フロントフェイスとし、そこによりワイド感を強調する大きく張り出したフェンダー「クワトロブリスター」を装着。

仕上げに最大22インチの大径ホイールを装着するのだから、その存在感は圧巻だ。

NEXT PAGE /

「Q8」の走りはどうだ?

いざ、走り出すとしよう。心臓部の3リッターV6ターボは500Nmという強大なトルクを1370rpmから発生させる。流して走るそんな普通のシーンでは、変速スピードの早い8速ティプトロニックも相まって静かで滑らかに回る。とてもシルキーなエンジンフィールだ。

しかし、ひとたびアクセルを踏み込めば、心地よい低音サウンドが唸りをあげ、高揚感のある加速とともに楽しませてくれる。山間部のタイトコーナーの連続ではロール量もよく抑えられて、車重2tオーバー&巨大な体躯がヒラリヒラリと走りぬけるのだ。

Audi Q8 55 TFSI quattro
Audi Q8 55 TFSI quattro」LV型6気筒 DOHC直噴ターボ 340ps/500Nm 8速ティプトロニック quattro 988万円[税込]~/アウディコミュニケーションセンター 0120-598106

なるほど! 後輪操舵のAWSがこれほどまでに優秀だったとは。その見た目と走りのギャップに正直驚いた。さらに乗り心地は、いわゆるフラットライドで、高速道路のつなぎ目を姿勢変化もなく、次々といなしていく。試乗車がエアサス搭載車であったことも終始快適であった理由のひとつだろう。これなら長距離移動も快適だ。

もちろん「Q8」は新たなQファミリーのフラッグシップモデルということで、タッチディスプレイを全面的に採用したクリーンでシンプルなインテリアや、マナーも安全性も秀逸なアダプティブクルーズコントロール。そして3LV6ターボエンジン+48V電源による高効率なマイルドハイブリッドシステムのパワートレインを採用している。

伝統のクワトロ(4輪駆動)システムに後輪操舵のAWS(オールホイールステアリング)によって小回り性や応答性、安定性を高め、足回りにはエアサスを装備と、まさに現在のアウディテクノロジーの全部載せ。そしてSUVクーペでありながら使い勝手も持ち併せる。

まさに現代の最強の車と言える一台。それで向かった先は、白馬に誕生した、これまたグラマラスなキャンプ地「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN」である。

NEXT PAGE /

スノーピークがプロデュースした極上キャンプ場とは?

スノーピークがプロデュースした極上キャンプ場とは?

標高1200m。夏は避暑地として、秋はそのままで気持ちよく、冬は極上のパウダースノーが降ることで知られる白馬・北尾根高原エリア。そんなリゾート地に、2019年7月、誕生したのが「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN」である。

白馬・北尾根高原エリアに、2019年7月、「スノーピーク フィールドスイート白馬 北尾根高原」が誕生した。

雄大な北アルプスを背景に、2856㎡にもなる雄大な敷地へ、1日わずか8組だけを受け入れるこちらは、簡単に言えば最新のグランピング施設。国内最大級のスキー場「白馬八方尾根スキー場」を運営する八方尾根開発株式会社とスノーピークがタッグを組み、誕生したものだ。

テントや室内調度品はすべてスノーピーク。テント7張り、スノーピークのコンテナ住居「住箱」が1棟で、1日8組限定の施設である。
テントや室内調度品はすべてスノーピーク。テント7張り、建築家の隈研吾氏がデザインしたモバイルハウス「住箱」が1棟で、1日8組限定の施設である。

しかし、ここは“ただの”グランピング施設ではない。その3つのポイントを見ていこう。

NEXT PAGE /

01.ここでしか見られない絶景

天候さえ味方につければ、雲海、満点の星空、ご来光、それを受けて赤く輝く北アルプスといった、まさに絶景が満喫できる。
この星の数! 肉眼だともっとすごく、落っこちてくるんじゃないかってくらい。

ここで受けられる“グラマラスな体験”は、なんといっても景色である。天候さえ味方につければ、雲海、満点の星空、ご来光、それを受けて赤く輝く北アルプスといった、まさに絶景が満喫できる。

[左]コーヒー片手にデッキチェアから眺めるご来光。最高。[右]朝日を受けて赤く輝く北アルプス。
[左]コーヒー片手にデッキチェアから眺めるご来光。最高。[右]朝日を受けて赤く輝く北アルプス。

こんな自然からのオモテナシを受ければ、心が洗われるに違いない。

NEXT PAGE /

02.地産地消と焚き火バー。おいしい時間の演出

キャンプといえばBBQ、なんて固定概念からは遠いところにいるのが「スノーピーク フィールドスイート白馬 北尾根高原」。

キャンプといえばBBQ、なんて固定概念からは遠いところにいるのが「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN」。

朝食は各テントのデッキに運ばれてくるスタイル。お弁当のようで楽しい。
イタリアで6年間修行し、ミシュランの星付きレストランを中心に経験を積んだ鈴木伸悟シェフによる料理を、貴重な国産ワインと味わえる。県外に流通しないレアなボトルも多々。

自然豊かな地元長野の食材をふんだんに使った創作料理と長野産ワインのペアリングを楽しめるレストランを併設し、胃も心も、しっかり満たしてくれる。さらに食後は焚き火を囲みながらのバータイム。地元のリンゴやぶどうをベースにしたカクテルも絶品だ。その際の“アテ”は、前出の星空です。

NEXT PAGE /

03.アクティブ派も満足のエンタメもしっかり用意

ここまでで心底まったりできることはご理解いただけたと思うが、「アクティブにも遊びたい!」という人はどうすればいいか? そんな人は、スノーピーク監修による各種アクティビティに参加すれば大丈夫。

特に人気なのは気球。標高1200mから徐々に上昇し、白馬の街を見下ろしながらゆっくり楽しむスカイクルーズは、何ものにも代えがたいひと時となる。

特に人気なのは気球で、標高1200mから徐々に上昇し、白馬の街を見下ろしながらゆっくり楽しむスカイクルーズは、何ものにも代えがたいひと時となる。その他、施設周辺のトレッキングやカヤック体験などもあり、滞在中「退屈する」なんてことはないはず。

これらはオプションサービスなので、事前予約するのがオススメだ。

 

こんなグラマラスな体験が待つキャンプ施設に、グラマラスな走りの「Q8」で向かう休日。行楽の秋に計画したら、自分史上最幸な体験ができるに違いない。

 

【施設概要】
「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN」
住所:長野県北安曇郡白馬村北城 4487-4 八方尾根・北尾根高原内
電話番号:090-2524-4555
部屋数:8室
宿泊料金:7万円〜
※フルコースディナー(ワインペアリング)、朝食、ランチボックスの3食、滞在中のドリンク込み
https://fieldsuite-hakuba.com/

 

# アウディQ8# キャンプ場# スノーピーク# フィールドスイート白馬
更に読み込む