乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.47
2019.08.18
CAR

最高に気分がノるフィアットとシトロエンの「ビーチ専用車」に乗りたい!

前回紹介した、ビーチカーというカルチャーとその魅力について。

1950年代に、海を目指すためだけに生まれたビーチカー。現代の車に求められる実用や利便性とは対極にあったようなこの車、当時の代表車種はシトロエンのメアリや、フィアットのジョリーであった。

そしてここにきて、このメアリとジョリーが相次いで現代版ビーチカーとしてカムバックを果たし、ファンを喜ばせている。

僕らでも手に入れられる最新ビーチカーを見ていこう。

EVで再登場した
シトロエン Eメアリ

Eメアリは正規輸入されていないが、日本円で350万円から入手できる。

シトロエンのEメアリは、オリジナルのメアリ譲りのユニークなスタイリングをもったビーチカー。発表されたのは2016年だが、予想以上の人気を受けて、昨年1月にはマイナーチェンジされた新型車も登場した。

昨年登場したマイナーチェンジモデル。内外装のカラーや駆動系に変更が加えられている。

最大の特徴は何と言ってもこのフォルム。1968年に登場した先代メアリのDNAを受け継ぐ、サイドとバックのウインドウ、そしてルーフのないボディは、ビーチの太陽と潮風を思いっきり楽しめる。ボディはプラスティック製で、シートにはもちろん撥水加工が施されている。

また、Eメアリはその名の通り電動パワートレインを採用したEV(電気自動車)。環境にも優しい電気で動くという点も、現代版ビーチカーとしてニクいポイントなのだ。

最高速度は110km/h程度、バッテリー容量も国産のEVと比べると見劣りするが、ビーチサイドを楽しむには十分なスペックだろう。

NEXT PAGE /

シャワーが付いたジョリーの後継
フィアット スピアジーナ・バイ・ガレージイタリア

フィアットの御曹司が率いるカロッツェリア、ガレージイタリアがハイドメイドで仕上げるので、手に入れるのにはかなりの時間が必要とのこと。

フィアットがかつて販売していたビーチカーであるジョリーの後継車は、500(チンクエチェント)の誕生60周年を記念して昨年7月に発表された「スピアジーナ・バイ・ガレージイタリア」。

まず目を引くのが、ジョリーが登場した50年代のヨーロッパリゾートを彷彿とさせてくれるクラシックで可愛いデザイン。

当然ルーフはなく、フロントウィンドウも顔に当たる風を和らげるためのギリギリの高さしかなく、視界を遮るものが何もない完全オープン仕様となっている。

さらに、よく見るとリヤシートもない。実はシートの代わりに、後部スペースがシャワー付きのコンパートメントになっているという究極のビーチ仕様車なのだ。

防水レザーのフロントシートはベンチタイプというこれまたクラシックな内装。これぞジョリーを再定義した現代版リゾートビーチカーといった趣なのである。


ビーチから上がり、水も砂も付いたままドサっと乗って、次は近くのサーフポイントに行こうか、いやカフェにしようかなんて言いながら、家に帰ったらホースで車を丸洗い。

こんな海辺の休日が過ごせるビーチカー。海遊びがとにかく楽しくなることは間違いない。実用性よりも何よりも、気分を乗せてくれる車って、こういうことじゃないかな。

真矢謙三=文 曽我部健(清談社)=編集 FCA Italy S.p.A、Automobiles Citroën=写真提供

# シトロエン# ビーチカー# フィアット#
更に読み込む