乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.48
2019.08.17
CAR

すべての海好きよ、海を目指すための車「ビーチカー」を知っているか?

海を愛する人の想いは深く広い。一度海に魅せられると、ビーチでの時間やマリンレジャーに興じるひと時以外でも、いつも海を感じたいと願うものだ。

そんなオーシャンラバーのための車、「ビーチカー」というジャンルをご存知だろうか?

自宅から近くのサーフスポットまで。もしくは海のある街でのワンマイル使いに。ハンドルを握る時間も海に焦がれる。そんなビーチカーの魅力を追う。

ビーチカーってなに?

この夏、休暇をビーチで過ごした人もいることだろう。特にヨーロッパでは、長いヴァカンスを家族とともに海辺のリゾート地で過ごす人が多い。そんなとき、ホテルと海との移動に使ったり、海岸線を走ったりするための車があれば便利で楽しいはずだ。

こうした発想から、1950年代終わりにヨーロッパで誕生したのが「ビーチカー」である。ベースはフィアットやシトロエンのコンパクトカー。それらの車から屋根やドアを取り払い、濡れた水着のまま乗れるように、内装も防水加工などを施してシンプルに仕上げているのが特徴だ。

家族や仲間とビーチで遊ぶことが目的の車なので、見た目からしてポップで楽しいし、まるで遊園地のアトラクションカーやゴルフカートのような存在なのだ。


リゾートでの甘い生活を支える
フィアット ジョリー

代表車種のひとつは、1958年に発表されたフィアットのスピアジーナ、通称JOLLY(ジョリー)だ。前年に登場して世界的ベストセラーとなった2代目「500(チンクエチェント)」をベースに、イタリアのカロッツェリアが製作したのが始まりである。

真夏の海をより楽しむために、ルーフはもちろんのこと、ドアすらない完全オープンのリゾート仕様車となっている。

ジョリーは、地中海の高級リゾート地でヴァカンスを楽しむセレブたちの“Dolce Vita(甘い生活)”に欠かせないアイテムでもあった。例えば、モナコ大公レーニエ3世とその愛妻のグレース・ケリー、往年の名優であるユル・ブリンナー、そして海運王として知られた実業家のアリストテレス・オナシスも、ジョリーを愛用していたと言われる。

今年夏には、イタリアの大手レンタカー会社のHertz Corporationが電動バージョンのジョリーの製作をコーチビルダーに依頼し、イタリアで旅行者向けのレンタカーとして登場した。時代を超えてもなお魅力のある車ということだろう。

NEXT PAGE /

フロントウインドウも畳める
シトロエン メアリ

シトロエンから1968年に登場し、前述のジョリーとともにビーチカーの代表車種とされるモデルがMéhari(メアリ)だ。

ベースは「こうもり傘に4つの車輪をつけた自動車」というコンセプトから生まれたシトロエンの2CV。農道を走ってもシートの上の卵が割れないくらい乗り心地が良いと言われる、20世紀を代表するフランスの大衆車だ。メアリはこの「2CV」のメカニズムを応用して誕生した。

ジョリーと違い、メアリは悪路走行を得意とするユニークな車だ。また、当時としては珍しい樹脂製ボディを持ち、錆びないことからリゾート地で重宝された。なにしろ、砂浜を走って室内が汚れたとしても、ホースで水をかけて洗い流すだけでいいのだ。

車体には屋根や窓もなく、フロントウインドウも畳むことが可能。水着のままフルオープンでビーチサイドを走ったら、さぞかし気持ち良かったに違いない。


最高に気持ちいいビーチカーが、現代に蘇る!

今回紹介した2台は、50年以上前に登場したヒストリックカー。実用面での不都合は多分にあるだろう。しかし実は今、フィアットやシトロエンから現代版のジョリーやメアリが登場しているという。

海のある街の自宅からビーチやお気に入りのカフェまで、気持ち良く晴れた日の足としてこんな車を転がせたら、それだけで休日がバカンスに変わりそうだ。

次回はそんな最新のビーチカーを紹介しよう。

真矢謙三=文 曽我部健(清談社)=編集 FCA Italy S.p.A、Automobiles Citroën、The Hertz Corporation、2CV Mehari Factory=写真提供

# シトロエン# ビーチカー# フィアット#
更に読み込む