2019.07.17
CAR

BMWとポルシェ。一度は乗りたいオープンカーの代表を比較検討する

春夏秋冬、風を感じるのはとても気持ちのいいことだ。穏やかな春風や、強い陽射しの下で受ける夏の南風など、ダイレクトに季節を感じられ、周囲の景色がより鮮明になる。

人はそれを本能的に気持ちいいと感じているはずだ。オープンカーの醍醐味はまさにそこにある。「最高に気持ちいい!」のだ。


どんな高価な車より贅沢なオープンカー、ぜひ、人生で一度は味わってみてください。

セカンドカーとしてチョイスするのもいいし、もう少し年を重ねてからのお楽しみにするのもいいかもしれない。パートナーを説得するのにひと苦労するかもしれない。でも、オープンカーに乗ったことのない人生なんて……。どんな高価な車より贅沢なオープンカー、ぜひ、人生で一度は味わってみてください。


人生で一度は、“直6”をオープンエアで堪能したい!

人生で一度は、“直6”をオープンエアで堪能したい!BMW Z4

BMW Z4
ボディサイズ:全長4335×全幅1865×全高1305mm
燃費:13.2km/L(JC08モード燃費)
総排気量:2997cc 乗車定員:2名
価格:835万円(M40iモデル)

ご存じのように車とは馬車の進化形だ。馬車は4頭立て、8頭立てと馬の数が増えるほど、つまり先っちょが長くなるほどパワフルで高級だとされた。前が長いほどエバれるという伝統は車にも引き継がれ、大きなエンジンを積んでボンネットが長くなる車ほどエラい、とされてきた。

さらに、クラシックカーを見るとわかるように、車はもともとオープンボディが基本だった。で、屋根が開く長いボンネットの高級車という流れを汲む、ロマンティックなスポーツカーがBMW Z4ということになる。

屋根が開く長いボンネットの高級車という流れを汲む、ロマンティックなスポーツカーがBMW Z4ということになる。

効率的な4気筒エンジンやV型6気筒エンジンが増えた今、あえて全長が長くなる直列6気筒エンジンを積むZ4には、伸びやかなボンネットとオープンボディを組み合わせた古典的ともいえる美しさがある。

アクセルを踏めば、Z4は滑らかに加速し、ハードなコーナリングでも美しいフォームを保つサラブレッドだ。そして、ただスポーティというだけでなく、ある種の贅沢さがある。「絹のような」と称賛されるBMWの直6エンジンはやはり絶品で、トゥルルルルと歌うように回転を上げる。そしてこのシルキー6の快感を、加速感だけでなく耳でも味わえるのが屋根が開くZ4の特権だ。乾いた快音が鼓膜と心を震わせ、初夏の風が肌を撫でる。

美しい駿馬を思うがままに操る快感を、五感で味わうことができる(味覚はないけどね)。それがBMW Z4なのだ。


車連載198
7
座席の後ろには小物を収納できるメッシュポケットとオーディオのスピーカーが。センター部分はスキー板や釣り竿などの細い長尺物に対応するトランクスルー仕様。
8
M40iに標準装備の「Mスポーツシート」。ホールド性を高めたレザーシートを採用。温冷シーターに加え、首元を温める温風機能も備わる。
9
3や7シリーズと同様の最新システムを搭載したコックピット。ドライバーが運転に集中できるよう直感的に操作しやすいレイアウトに。AIシステムも搭載され、「OK BMW!」と話しかければ、あとは音声会話だけで車両の各種操作や情報へアクセスできる。
10
Mパフォーマンスと呼ばれる、快適性とスポーツ性能を調和させた上級仕様のM40i。最高出力340PSの3L直6ガソリンターボエンジン&8速ATの組み合わせで、0→100km/h加速は4.6秒!ドライブモードはエコからスポーツプラスまで4種類から選択可能。
11
荷室は常時281Lのトランク容量を確保する。
7
8
9
10
11

「長い鼻に小さな尻」という古典的スポーツカースタイルのFR方式オープンカー。今回の新型は3代目となる。先代比で全長&全幅はサイズアップ。しかし、ホイールベースは短くなり乗り味はずっしり重厚で操舵レスポンスはきわめて鋭いものに。最大の特徴は、ルーフが先代ではハードトップだったが、初代で採用されたソフトトップへと原点回帰したこと。トヨタの新型スープラとシャシーを共用するが、その身のこなしは紛れもなくBMWそのものだ。


BMWのロードスター「Zシリーズ」とは?

BMWのロードスター「Zシリーズ」とは?
2、4、8シリーズの派生モデルであるカブリオレに対し、2座ロードスターとして独立した存在の「Zシリーズ」。独語で未来を意味する「zukunft」の頭文字がシリーズ名の由来である。

上下方向に開閉する独創的なドアを備えたZ1(写真上)が1989年に登場したのを皮切りに、’96年にヒットしたZ3(写真下)を経て、2002年にZ4が登場。Z3やZ4の初代にはオープン仕様のほか、クーペも存在した。Z2発売の噂話もあったが如何に!?

NEXT PAGE /

人生で一度は、ポルシェのオープン!

人生で一度は、ポルシェのオープン!ポルシェ 718 ボクスター

ポルシェ 718 ボクスター
ボディサイズ:全長4385×全幅1800×全高1295mm
燃費:約14.4km/L
総排気量:1988cc 乗車定員:2名
価格:712万円

F1マシンのようにエンジンを背後に積むミッドシップの718 ボクスターを走らせると、エンジンを羽織っているような感覚になる。その感覚はやがて、マシンを着ているような気分に変わる。

718 ボクスターのドライブフィールは、BMW Z4と比較するとよりクリアになる。マシンを着る感覚の718 ボクスターは、モビルスーツ、つまりはガンダムだ。一方、前方のエンジンをアクセルペダルで操るZ4は、正太郎君が操縦する鉄人28号。

718 ボクスターのドライブフィールは、BMW Z4と比較するとよりクリアになる。

優秀な機械を操る歓びが味わえるZ4に対して、ドライバーが精密な機械の一部になる快感を堪能できるのが718 ボクスターだ。そして718 ボクスターは、同じミッドシップのクーペ版、718 ケイマンと比べると、遮るものがないだけに水平対向エンジンの音や鼓動が直に伝わってくる。

実は同じような感覚をポルシェ911のカブリオレでも味わえる。ただし、エンジンと運転席の間に後席を挟む911よりも、ドライバーの背中越しにエンジンがある718ボクスターのほうが、「エンジンを羽織る」「マシンを着る」感覚は強い。車との一体感がハンパないのだ。

ポルシェの車は、常にドライバーをワクワクさせる。運転するのが純粋に楽しいのだ。そんなポルシェをオープンエアで味わえば、これまで経験したことのない高揚感が湧き上がってくるだろう。だから、人生で一度は「ポルシェのオープンカー」をすすめたい次第なのだ。


車連載198
20
ドア側にキーシリンダーを備えたコックピットはポルシェの伝統。取材車は「スポーツクロノパッケージ」装着車。ステアリング上に4つの走行モードが選べるスポーツボタンのほか、20秒間だけブースト圧を最大にするレスポンス・スポーツ・スイッチ、ダッシュボードの上中央にあるストップウォッチなどがセットで備わる。インフォテインメントシステムは、新世代マルチメディアシステム「PCM」を搭載。スマホとの連携がより高められているのも印象的だ。
21
エンジンを車両中央に搭載しているため、フロントとリアにトランクを持つ。フロントトランクの容量は150L。心臓部は最高出力300PS&最大トルク380Nmの2L水平対向の4気筒ターボ。ダブルクラッチ式7速DCTとの組み合わせで0→100km/h加速は4.7秒、最高速度は275km/hとなる。 
22
リアトランクの容量は125L。
23
シートは温冷ヒーター付きの一体型バケットタイプを採用する。ルーフは50km/hまでなら走行中でも開閉可能。
20
21
22
23

ポルシェのリアルスポーツを担うのがミッドシップの718シリーズ。そのオープン仕様がボクスターだ。高効率低燃費を掲げ、水平対向エンジンは伝統の6気筒から4気筒ターボへとダウンサイズしたが、心地いいサウンドとともに最高出力300PS&最大トルク380Nmを発生し、先代よりも俊足となる。ルーフを開けても閉めていてもキマリのいい美しいプロポーションも特徴だ。風を感じて走る“人馬一体”の走りはヤミツキになる。


ポルシェはオープンカー文化に明るい

ポルシェはオープンカー文化に明るい
ひと口に「オープンカー」と言っても、呼び名はさまざま。現在ポルシェで用意されているオープン仕様は「カブリオレ」や、ボクスターだけに設定された軽量スポーツ版「スパイダー」のほか、ダブルバブルのリアカバーを持つ限定生産の「スピードスター」(写真上)、そしてポルシェだけが名乗ることを許された、頭上だけが開くセミコンバーチブルの「タルガ」(写真下)が存在する。名門スポーツカーブランドならではの多彩なラインナップだ。


遠藤優貴(MOUSTACHE)=写真 サトータケシ、iconic=文

# BMW# オープンカー# ポルシェ#
更に読み込む