乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.40
2019.06.30
CAR

世界の“国民車”フォルクスワーゲン・ゴルフの45年。初代から最新まで、どれが好き?

取り回しに苦労しないコンパクトなボディをもち、主な用途は通勤や買い物、子供の送り迎え。価格が手頃で燃費もいい車がいい。しかし、せっかくマイカーを手に入れるなら、ちょっとした「乗る楽しみ」も欲しいのが男心。

そんなわがままを叶えてくれるコンパクトカーが存在する。

ヨーロッパでもっとも競争の激しいCセグメントのベンチマークとされるモデルであり、そしてヨーロッパの全車種でいちばん売れている車と言われるハッチバック型のコンパクトカー。それがフォルクスワーゲン「ゴルフ」だ。

車は自分のライフスタイルを表現するものでもある。そういった意味で「ゴルフ」はひと味違うコンパクトカーに乗りたい人に最適なのだ。


初代ゴルフはビートルの後継モデルとして誕生した

初代のデビューは1974年。今年ちょうど誕生45周年を迎えた。以来、今日までに販売された台数は3500万台超に上る。この数字を平均すると、世界中で誰かが約40秒に1台、「ゴルフ」を購入している計算だ。日本でも累計85万台以上が輸入・販売されている。

現行型は2013年に発売された7代目、いわゆる「ゴルフⅦ」。そこへいたる7世代の歴代モデルのなかでも、やはり初代の「ゴルフI」は特別な車だ。

自動車の世界に名車と呼ばれる車は数多いが、初代の「ゴルフI」は間違いなくそのうちの一台だろう。

「フォルクスワーゲン」はドイツ語で「国民車」を意味し、そのルーツは戦前に事実上の国策企業として設立された自動車メーカーにある。

当時、アドルフ・ヒトラーは「国民車(フォルクスワーゲン)」計画を提唱し、それに従い、かの有名なフェルディナント・ポルシェが先進的なメカニズムをもつ流線型の小型車を開発した。この試作車が、のちのフォルクスワーゲン「タイプⅠ」。累計生産台数約2153万台を記録した伝説の「ビートル」のことである。

しかし、日本が高度経済成長期を迎えた1960年代にはその設計も古いものとなり、後継車種が求められるようになる。つまり、「ゴルフI」は「ビートル」の後継モデルとして誕生したのだ。

デザインを担当したのは、アルファロメオ「ジュリア スプリントGT」やフィアット「850スパイダー」、いすゞ「117クーペ」などの名車を手掛けた天才デザイナーのジョルジェット・ジウジアーロ。

「ビートル」と対照的に角張ったボディは、シンプルでありながら実に合理的で、コンパクトな車体のわりに室内には十分なスペースが確保されていた。

なによりも「走る」「曲がる」「停まる」といった車の基本性能が高く、燃費までいいのが「ゴルフI」の凄いところだ。自動車評論家の故・徳大寺有恒氏は、その著書で「ゴルフI」について、「ぼくは人生であんなにすごい車を経験したことはそれまでなかったし、おそらく、もう将来もないんじゃないかと思う」と書いているほどである。

NEXT PAGE /

第2世代から第6世代まで。歴代ゴルフの進化

初代に続く第2世代から第6世代まで、どの世代もそれぞれにファンを持つ歴代「ゴルフ」を紹介しよう。

「ゴルフⅡ」

1983年に登場した2代目「ゴルフⅡ」は、デザイン自体は初代のコンセプトをキープ。初代と変わらず、スクエアなスタイリングに高いレベルの基本性能と、質実剛健のイメージを受け継いでいる。しかし、メカニズムは初代から進化し、「ゴルフ シンクロ」「ゴルフ セダン」といった派生車種も登場している。

「ゴルフⅢ」

初代と大きく変わったのは、まったくの新型車として開発された1991年の「ゴルフⅢ」からだろう。ボディサイズは2代目とほぼ同じだが、初代から続く丸目のヘッドライトが横長の四角へと変わり、角張ったスタイリングが曲線を巧みに用いたフォルムへと進化。この新デザインは空力性能と燃費性能の向上にも大きく寄与していた。

「ゴルフⅣ」

1997年に登場した4代目「ゴルフⅣ」は、言ってみれば“新しい時代のゴルフ”である。それまでの実用性を重視したベーシックなコンパクトカーから、エクステリアやインテリアの質感を大幅に向上させ、プレミアム路線へと舵を切ったのが大きな特徴だ。

高級化に伴いボディも大型化。3代目までは車幅が1700mm以下に抑えられ、日本でいう「5ナンバー車」だった。しかし、「ゴルフⅣ」は全幅1735mmと「3ナンバー車」のサイズになり、ドアも日本仕様は5ドアとなった。実用的なコンパクトカーという伝統を受け継ぎながら、「プレミアムコンパクト」へと変貌したわけだ。

「ゴルフV」

2003年登場の5代目「ゴルフV」や2008年の6代目「ゴルフVI」は、プレミアムコンパクトという路線をさらに“深化”させたモデルだ。

「ゴルフVI」

ボディはさらに大型化、もはやミニバンに近くなり、その分室内の居住性や快適性は格段に向上した。デザイン的には、「ゴルフVI」から現行型と同様のよりロー&ワイドなスタイリングが採用されている。

NEXT PAGE /

新型は来年登場? どの世代も違って、どれも楽しい

フォルクスワーゲンは2019年5月にドイツで開催した年次株主総会でビッグニュースを発表した。今年10月に、第8世代の「ゴルフVIII」を初公開することを明らかにしたのだ。日本上陸はおそらく来年になるだろう。

公開された「ゴルフⅧ」のラフスケッチ。

新型の発売を待つのもいいし、あるいは熟成の進んだ現行型の「ゴルフVII」も魅力的だ。もしくは手頃な価格でひと味違うコンパクトカーに乗りたいなら、旧世代「ゴルフ」を選ぶ方法もある。

例えば、2代目「ゴルフⅡ」には専門店まであり、そうしたショップでは程度のいいユーズドカーが手に入る。「ゴルフⅡ」の場合、価格のボリュームゾーンは70〜80万円。ネットで検索すれば、比較的新しい6代目「ゴルフVI」も80万円台から売買されていることがわかるだろう。しかも、しっかりした作りのドイツ車なので、メンテナンスさえ行えば十分に日常使いできる。

ゴルフの魅力は、今もなお実際に体感できる長い歴史と、どの世代であっても、一度乗ってみればその楽しさが実感できる「ゴルフ」らしさにあるのだ。

さあ、あなたはどのゴルフを、選びますか?


真矢謙三=文 曽我部 健(清談社)=編集 Volkswagen AG=写真提供

# クルマ# ゴルフ# フォルクスワーゲン
更に読み込む