2019.03.29
CAR

ALPINE IS BACK! 蘇った伝説のスポーツカー、アルピーヌ「A110」とは?

アルピーヌといえば、1970年代にはラリーなどのモータースポーツでその名を轟かせた、フランスきっての名門スポーツカーブランド

伝説の青い閃光が、再び路上に躍り出た!

若い人には耳新しい存在なのかもしれないが、アルピーヌといえば、1970年代にはラリーなどのモータースポーツでその名を轟かせた、フランスきっての名門スポーツカーブランドである。

なかでもスタープレーヤーとしての人気を誇ったのが、1963年に登場した「A110」。RR(リアエンジン・リアドライブ)というポルシェ911と同じ個性的な構造から、モーターファンたちの間ではしばしば仏独の好敵手と目され、注目を集めてきた。そんなアルピーヌが紆余曲折を経てついに蘇り、昨年から日本でもローンチされたのだ。

蘇ったモデルの名前は往年のスタープレーヤーと同じ「A110」であり、独立型の4灯式ヘッドランプをはじめとするデザインボキャブラリーもオリジナルを継承するが、その内容は大きく異なる。復刻したのはその名前とレガシーであり、中身は最新鋭のテクノロジーの粋を集めたものとなっている。

復刻したアルピーヌ「A110」は、中身は最新鋭のテクノロジーの粋を集めたものとなっている

ライトウェイトスポーツの鑑

低く構えた流麗かつアグレッシブなスタイルは、まさにスポーツカーそのもの。構造は、かつてのRRからMR(ミドシップエンジン・リアドライブ)へと変更。1.8L直4ターボエンジンは、最高出力252psを叩き出す。全長4205×全幅1800×全高1250mm、車両重量1110kg(A110ピュア)、1130kg(A110リネージ)というライトウェイトスポーツの鑑というべきもので、年々車体サイズが大きくなっていく自動車業界にあって、清々しいほどの割り切りとして好印象を受ける。

人も荷物も載って、高速道路もオフロードも走れる――そんなコンセプトのSUVが全盛の昨今、運転して純粋に気持ちのいい車を、その輝かしい伝説に重ねて蘇らせてくれたことに、感謝の念すら覚えるほどだ。

蘇った伝説のスポーツカー、アルピーヌ「A110」

乗員数は2名だから、これ1台では3人以上の家族旅行にも行けないし、サーフボードもBBQセットも載せられない。不便な点はいろいろあるが、それゆえの走りに対するピュアな情熱が、この車をあらゆるディテールから形づくる。リアに向けて深く絞り込まれたサイドラインと、尻下がりのショルダーライン。無駄な贅肉を微塵も感じさせない造形は、停まっていても疾走感を漂わせる。

蘇った伝説のスポーツカー、アルピーヌ「A110」

レーシーな仕様が昂ぶらせる、質感の高いインテリア

中に目を向けると、フローティング式のセンターコンソールや、ダイヤ柄ステッチの入ったサベルト社製フルバケットシート、センターステッチの入ったフラットボトムステアリングなど、随所に盛り込まれたレーシーな仕様が走る前から心を昂ぶらせる。

レーシーな仕様が昂ぶらせる、アルピーヌ「A110 」の質感の高いインテリア

ドアの内張りに採用したトリコロールは、フレンチスポーツとしてのアイデンティティを誇らしげに主張する。

レーシーな仕様が昂ぶらせる、アルピーヌ「A110 」の質感の高いインテリア

「A110」には、そのサイズゆえちょっとした工夫や手間は必ず必要になる。だが、それを面倒と思わせないだけの魅力がある。個性がある。ほかの何にも似ていない、唯我独尊の存在。「誰とも被らない自分」を目指す男には、これ以上の選択肢はないだろう。

 蘇った伝説のスポーツカー、アルピーヌ「A110」

[問い合わせ]
アルピーヌ コール
0800-1238-110
https://alpinecars.com/ja/

大野重和=文

# アルピーヌ# スポーツカー# 自動車
更に読み込む