OCEANS

SHARE

2022.12.25

あそぶ

テントやタープ設営で「もう少しロープの長さがほしい!」ときに便利な「一重つぎ」「テグス結び」


「Camp Gear Note」とは……

キャンプをしていると、いろいろと想定外の事態が起きるもの。もちろん優秀なギアがあれば頼りになるが、最終的には慌てず対応できる技術や知識がものを言う。

例えば、タープやテントをロープで固定しようとしたときに、「あと1m、長さが足りない!」なんて経験はないだろうか。

そこで、覚えておくと便利なのが「ロープを繋いで長くする結び方」。太さや材質が違うロープ同士でもしっかり結べる、便利な結び方を2つ覚えておこう。

▶︎すべての写真を見る

シンプルだけど強度が高い「一重つぎ」

「固結び」より強度があり、ほどきやすい結び方。

「固結び」より強度があり、ほどきやすい結び方。


2本のロープを結ぶ方法として一般的なのは、「固結び(本結び)」と「はな結び(蝶結び)」だろう。この2つは誰でもできる便利な結び方だが、太さや材質の異なる2本を繋ぐのには不向き。

また、一方のロープに力が加わるとほどけやすく、強度はイマイチだ。

テントやタープなど強い力がかかるロープを繋ぐためには、まず「一重つぎ」と呼ばれる結び方をマスターしたい。

この結び方なら、太さや材質の異なるロープ同士でもしっかりと繋ぐことができる。

わかりやすいよう色の違う2本を使ったが、もちろん同じ素材や太さのロープを繋ぐのにも使える。

わかりやすいよう色の違う2本を使ったが、もちろん同じ素材や太さのロープを繋ぐのにも使える。


まず、左の茶色のロープを右の白いロープにかけるように2つ折りにする。

後ろから2本まとめとるイメージ。

後ろから2本まとめとるイメージ。


続いて白のロープの端を、茶のロープにぐるりと巻きつかせる。

どこを通っているか、よく確認してみよう。

どこを通っているか、よく確認してみよう。


茶のロープの折り返しと白のロープが作った穴に白の先端を通す。上から通すか、下から通すかも重要なので、写真の位置をよく確認して真似してみよう。

上手く結べていると、茶の先端は左に、白の先端は上向きに出るはず。

上手く結べていると、茶の先端は左に、白の先端は上向きに出るはず。


左右の先端と元をしっかりと引っ張って、結び目を引き締める。

1本のロープの太さや材質が違っても結び方は同じ。写真の向きの場合、太いロープを左、細いロープを右として使ったほうが結びやすい。

先端は短くとりすぎると結びづらく、ほどけやすいので要注意だ。


2/2