OCEANS

SHARE

2022.12.18

時計

“エキスパート”なブレゲ、ブライトリング、セイコー。タフに使える腕時計3本


▶︎すべての画像を見る

プロフェッショナルユースのために磨かれた高性能が、我々の快活なライフスタイルを鮮やかに彩る“エキスパート”な腕時計。

タフに使える強い相棒の利便性を感じつつ、各々の付加機能を改めて謳歌したい。

天才時計師の意思を受け継ぐ

 

8時位置のプッシャーで異なる都市の時間帯を表示。ダイヤルのゴールドプレートに施された手彫りギョーシェの波模様、サファイアクリスタルをメタライズした大陸や経緯度線など、圧巻の造形美に息をのむ。「マリーン オーラ・ムンディ 5557」K18ローズゴールドケース、43.9mm径、自動巻き。998万8000円/ブレゲ(ブレゲ ブティック銀座 03-6254-7211)


創業者アブラアン-ルイ・ブレゲは、時計師であり科学者でもあった。フランス国王ルイ18世より緯度委員会のメンバーに任命され、海上の天文学的な問題解決に尽力。王国海軍時計師の称号を得ている。

その大きな要因となったのが、マリン・クロノメーターと呼ばれる航海用精密時計の開発だ。

「マリーン」はそのエポックメイキングな名前を引き継ぐコレクション。スポーティななかに極上のエレガンスを薫らせる。



[Key Point]安全な航海を支えた海の計器
ブレゲが王国海軍時計師の称号を得た1815年頃に作られたマリン・クロノメーター。サスペンションシステムにより、船の揺れを相殺して時計本体を水平に保つ。


2/2