OCEANS

SHARE

2022.11.12

シトロエンの新EV「OLI」はクセがすごい! 乗らない時間までも考慮した非常識なデザイン


▶︎すべての画像を見る

高い安全性能や快適装備を備えて、さらに電気自動車時代なら航続距離を延ばすために大容量バッテリー……と、実は、何かと最近の車は重くなりがちなのだ。

ところがクセの強い車を作り続けているシトロエンの電気自動車は、やっぱりひと味違う。

「軽くて長い」がコンセプト

シトロエン OLI

シトロエン OLI


シトロエンが「車輪の上の実験室」だとする電気自動車のコンセプトカー「OLI(オリ)」。その目標重量は普通自動車としては異例の軽さである1000kgだ。

これ、日産の軽自動車EV「サクラ」の1070kg〜1080kgとほぼ同じ。だからってサクラ同様「航続距離の短くていいよね!?(サクラは180km)」ではなく、目標は400kmと「リーフ」並みを目指すという。

といっても航続距離を延ばすにはバッテリーをたくさん積む必要があり、その分車は重くなる。そんな二律背反をどう解決するのか?

その解決策のひとつが、徹底した軽量化と最高速度を110km/hに制限して、必要最小限のバッテリーで最大限のエネルギー効率を得るという速度制限。街乗り中心だから110km/hでいいじゃん、というわけだ。

そもそも軽自動車規格なんてないフランス生まれだから、サクラより大きい。全長4.20m×全幅1.90m×全高1.65m。それでサクラ並みの重さにするってことだから、実現するには相当のダイエットが必要になる。

しかしこれらの数値は“コンセプトカーだからいい加減に出している”ってわけじゃない。

むしろシトロエンは、往年の欧州車ファン同様「昔の車って小さくて軽くて、良かったよね」と思っていたようだ。


2/2

RANKING