OCEANS

SHARE

2022.09.18

たべる

河村隆一、動きます。千駄ヶ谷「ほそ島や」の半カレー中華そばを未来に残せ!



Tokyo食文化遺産●味のいい名店は年々増えているが、味のある老舗は減少傾向。失ってから気づくのでは遅い。魅力的な老舗を未来へ残すべく、河村隆一、動きます。
▶︎すべての画像を見る

不思議な光景だ……。千駄ヶ谷にある大衆蕎麦店「ほそ島や」に、河村隆一が降臨したのだ。日本のトップボーカリストで「LUNA SEA」の顔でもある、あの河村隆一である。

▶︎ 動画は記事末に

実は、河村さんは意外にも町中華や街の洋食店が大好き。地方ライブの際も各地の老舗めぐりが大きな楽しみのひとつなのだという。

音楽はもちろん、グルメやファッション、車、時計など、幅広い分野にこだわりを持つ河村隆一さんが、友人のラジオDJ・ジョー横溝さんとともに、「未来に残したい東京グルメ」を紹介!

音楽はもちろん、グルメやファッション、車、時計など、幅広い分野にこだわりを持つ河村隆一さんが、友人のラジオDJ・ジョー横溝さんとともに、「未来に残したい東京グルメ」を紹介!


コロナ禍の悪影響もあって、最近は老舗の名店が暖簾を下ろすというニュースもあとを断たない。この状況を看過していては、日本の食文化が廃れてしまう。

……ってなワケで、河村隆一とジョー横溝が未来に残したい老舗グルメを食べ歩く新企画「Tokyo食文化遺産」始動。古き佳き食を守る旅のはじまり〜。


【未来に残したい東京の食文化 vol.1】「ほそ島や」の半カレーライス+中華そば



隆一 さぁジョーさん、始まりました。

ジョー 始まりましたね、隆一さん。

隆一 いよいよ!

ジョー 実は以前から隆一さんと「未来に残したい日本の食文化をみんなに紹介していきたいね」と話していて、今回ついにスタートすることになりました!

隆一 楽しみですね!

ジョー 本日お邪魔するのは、渋谷区にある「ほそ島や」。このお蕎麦店さんには我々もご縁があるのですが、そのあたりもさっそく店内で話していきましょう。

二人が初回の舞台に選んだのは渋谷区千駄ヶ谷、将棋会館の近くにあるそば処「ほそ島や」。棋士にも愛される名店で、藤井聡太竜王の勝負メシ「カツカレー」でも話題になった。

初回の舞台に選んだのは渋谷区千駄ヶ谷、将棋会館の近くにあるそば処「ほそ島や」。まもなく創業から45年になる老舗だ。棋士も御用達の名店で、藤井聡太竜王の勝負メシ「カツカレー」でも話題になった。 




ジョー 僕は月に2、3回はここに来ていますけど、隆一さんは?

隆一 ’96年頃、このあたりに僕のソロの会社を作ったのですが、「ほそ島や」さんには当時、しょっちゅう出前を頼んでいました。レコーディングのときとかも本当によく食べていましたね。

ジョー 何を食べていたんですか?

隆一 カレー、天丼、カツ丼、親子丼……ざるそばも多かったかな。あと鴨南とかね。

ジョー 河村隆一ソロのヒットの裏には「ほそ島や」あり! ってこと!?

隆一 親子丼で艶やかな声が出ていた日もあったかも(笑)。食べるものは大事ですからね。愛情が入った食べ物って、やる気が出るじゃないですか。 


 
ジョー メニューも豊富ですからね。蕎麦店だけど、僕が知っている限りこのお店のいちばん人気のメニューが「半カレー中華そば」!

隆一 間違いないですね。

ジョー インスタで「#半カレー中華そば」って入れるとここがヒットするくらい大人気なんです。では、さっそく注文しちゃいましょう!


2/4

RANKING