OCEANS

SHARE

2022.07.29

たべる

ハッピー過ぎたBARイベントの前日譚。バーテンダー日本一を決めた「WORLD CLASS 2022」とは


5月末にディアジオとオーシャンズがタッグを組み、オーシャンズ読者100人余りが参加したイベント「HELLO!,FUN-BAR Happy Hours∞」。

BARとカクテルの新しい楽しみ方を提案したこのイベントは、世界 180 以上の国々で酒類ブランドを展開するディアジオ社が9月に開催する、世界一のバーテンダーを決める国際大会「DIAGEO WORLD CLASS 2022(ワールドクラス2022)」の日本代表を決める「WORLD CLASS 2022 JAPAN FINAL」のアフターパーティとして開催された。



では、WORLD CLASSとはどんな大会なのか? 酒好きなら知っておくべき、大会の全容をレポートする。

世界一を目指すバーテンダーが集う「WORLD CLASS」

「タンカレ」ーや「ドン・フリオ」、「ロン サカパ」などのプレミアムリカーブランドを、世界180カ国で展開するディアジオ社。

世界一を目指す多くのバーテンダーにとって、目標となっているWORLD CLASS。

世界一を目指す多くのバーテンダーにとって、目標となっているWORLD CLASS。


このディアジオ社が2009年から行っているのが、バーテンディングの国際大会、WORLD CLASSだ。昨年は世界60の国と地域からなんと約2万5000人を超えるバーテンダーが応募したという世界最大規模のコンペティションなのだ。

今年9月にオーストラリア・シドニーで行われるグローバルファイナルに進むには、各国や地域で行われる予選を突破する必要があり、「WORLD CLASS JAPAN FINAL」は、2日間にわたって日本代表を決める決勝大会。

応募者は一次選考で50人に絞られ、さらに二次選考で決勝に進むファイナリスト10人が選ばれる。今年のファイナリストは次の10人だ!

2022年のジャパンファイナルに選出された10人。

2022年のジャパンファイナルに選出された10人。


小坂 駿/京王プラザホテル(東京)
竹田英和/Bar 霞町 嵐(東京)
中山理紗/LEAP BAR(東京)
中村大樹/コンラッド東京 バーラウンジ TWENTY EIGHT
長尾和明/Bar LIBRE(東京)
竹下健一/ザ・リッツ・カールトン京都(京都)
古瀬則彦/Zentis Osaka UPSTAIRZ(大阪)
山田幸輔/Bar,K(大阪)
木下恭伸/SAVOY KITANOZAKA(兵庫)
緒方 唯/Wine&Bar 麦家(宮崎)

ちなみにWORLD CLASSはBARの知名度や規模、ジェンダー、キャリア、年齢などは一切不問というダイバーシティな大会。そのため全国各地から、我こそはというバーテンダーが集結する。

さて、では実際にどのように戦うのだろうか。

ファイナリストは2日間で次の4つのチャレンジに挑む。


1:リフレッシング チャレンジ


「タンカレー ナンバーテン」と「ドン・フリオ ブランコ」をベースに、昨年のトレンドであるすっきりとした口当たりの軽いカクテル2種を、5分以内に各2杯ずつ作る。


2:アペリティフ&ディジェスティフ チャレンジ


食前酒「アペリティフ」と食後酒「ディジェスティフ」を5分間で各2杯作成。ベースとなるスピリッツは対象ブランドから、個々に選定できる。それぞれが何を選ぶのかも見どころだ。


3:シグネチャー カクテル チャレンジ


対象となるスピリッツからベース1種類を選び、大会への応募書類に書いた自分自身を表現する特別なカクテルを5分間で4杯作る。


4:スピード&テイスト チャレンジ


6種類のスピリッツを使ったカクテルを各一杯ずつ、5分間で作るというスピードが求められる競技になっている。

この大会がユニークなのは、ただウマいカクテルを作ればいいだけではないということ。

味だけでなく「技術」「ホスピタリティ」「オリジナリティ」「プレゼンテーションスキル」、そして「パッション」まで採点されるのだ。

白熱したファイナル1日目の様子はコチラ。

Youtubeで見られる、白熱したファイナル1日目の様子はコチラ


カクテルを作る手を休めず、ベーススピリッツから副材料、コンセプト等を丁寧に説明する様子はまさに接客のプロフェッショナル。

そのほかにカクテルのイメージに合うグラスを用意したり、テーマに合わせてカウンターに花などをあしらったり、審査員のバックグラウンドに合わせた提案をしたりと、バーテンダーによってさまざまな趣向が凝らされていた。

日本チャンピオンが決定した2日目の様子はコチラ。

日本チャンピオンが決定した、2日目の様子のYoutube動画はコチラ


見ているだけで、カクテルってこんなに奥深いものなのか! と驚くこと間違いなしのプレゼンテーションばかりで、BARや酒好きなら前のめりになってしまうはずだ。

日本トップバーテンダー渾身のカクテルを楽しみたいと思った人は、1次審査を通過した50人のバーテンダーがいるBARを紹介した「WORLD CLASS 2022 BAR MAP」をチェックするといいだろう。



彼らのいるBARに足を運べば、これまでにないカクテル体験が叶うはずだ。


2/2

RANKING