OCEANS

SHARE

2022.06.26

100万円台で狙う“遊べる中古車”。コンパクトサイズで可愛い見た目のオススメ6台


▶︎この記事の画像ギャラリーを見る

道路や住宅事情でコンパクトカーが活躍しやすい日本において、“小さな名車”と呼ばれる車は多く存在する。

なかでも2000年代(’00年〜’10年式)のコンパクトカーは、少しの“懐かしさ”も加わって今見ると一層、魅力的。

ここで紹介するのは、セカンドカーとして、カスタムのベースに、荷物をたくさん積んで……と、“遊べる”目線で選んだ人気の6台。いずれも中古車相場として100万円台で狙えるオススメたちだ。
 

オープンカーやワゴンもありな「ミニ」

ミニ「ミニ」(2007年2月〜2014年3月)。中古車価格は約20万円〜300万円。

ミニ「ミニ」(2007年2月〜2014年3月)。中古車価格は約20万円〜300万円。


クラシックミニと比べ、誰でも気軽に乗れる車になった新世代ミニ。BMWが復活させた初代に続き、この2代目も大ヒットした。

クラシックミニの魅力のひとつだったゴーカート気分な乗り味も健在で、しかも初代より乗り心地も向上している。見た目も、見比べないと初代か2代目か区別しにくいなど、キープコンセプトな2代目だ。

屋根の開くコンバーチブルや、ワゴンのクラブマンという選択も大アリだ。


やっぱり可愛い「チンクエチェント」

フィアット「500」(2008年3月〜)。中古車価格は約20万円〜320万円。

フィアット「500」(2008年3月〜)。中古車価格は約20万円〜320万円。


ミニ同様、21世紀に入って復活した500(チンクエチェント)。昔の500と比べると現代的なデザインに変わったとはいえ、やっぱり可愛い。

何しろ2008年から10年以上経った現在も販売されている(=愛されている)のが、支持率の高さの証左と言えるだろう。

またこれだけ長期間、販売されていると、約100種類もの特別仕様車が登場しているので「隣のチンクとは違う」感も出しやすい。

MT車も度々追加されているので、キビキビとした走りが楽しみたいなら、あえてのMTも、オススメな一台だ。 


優秀でツウな2代目「パンダ」

フィアット「パンダ」(2004年7月〜2012年4月)。中古車価格は約20万円〜110万円。

フィアット「パンダ」(2004年7月〜2012年4月)。中古車価格は約20万円〜110万円。


パンダといえばジウジアーロがデザインした、カクカクなアレを思い浮かべる人が圧倒的。

けれど、そんな名車の跡継ぎ(2代目)もセンス良し。乗り心地はソフトだし、コーナーを曲がるときに、ゆったり傾く感じは初代と同じ。4WDモデルも度々用意されていた。

明るいインテリアデザインはいかにもイタリア車。サイズ感も使い勝手も、小さなエンジンで一生懸命走る感じも、コンパクトカーとして求められるものはすべて揃っている。

2代目パンダをサラッと日々の足に使うって、ツウだと思う。


2/2

RANKING