OCEANS

SHARE

2022.06.26

ファッション

夏仕様「パタゴニア」スラックスを激写! NYでゲットしたSHIPSバイヤーの宝物


「業界のパタゴニアン・パパラッチ」とは……

▶︎すべての画像を見る

春夏のパタゴニアのボトムスといえば、何と言ってもバギーズである。

ただ、リラックスはしたいが、時に襟元を正したり、時に威厳を醸したりしたいこともある。そんな瞬間にもぴたりとハマる一本を、シップスのバイヤーである岡部邦彦さんはお持ちらしい。

岡部邦彦●シップスのメンズカテゴリーのバイイングを担当。国内外を飛び回りながら得た見識の深さは業界随一で、気鋭ブランドにも興味津々。最近ではキャンプにもハマり中で、パタゴニアは父親の影響から付き合いはだいぶ長い。

岡部邦彦●シップスのメンズカテゴリーのバイイングを担当。国内外を飛び回りながら得た見識の深さは業界随一。最近ではキャンプにもハマり中。


知る人ぞ知る、モンベルとの良好な関係性

「子は父の背中を見て育つ」とは古くから残る格言だが、それを地でいくのが岡部さんだ。



「パタゴニア好きなのは、父の影響が強いですね。中学の頃、父が愛用していた30年前ぐらいのパタゴニアのショーツをもらいました。バギーズのようなシャリっとしたものではなく、コットンキャンバス地のチョー“短パン”です(笑)。

もともと父はパタゴニアとモンベルを愛する人で、いろいろ持っていたんですよ。この時季になると、パタゴニアのショーツにラコステのポロシャツを着て、足元はサンダル……というのが正装でした」。

アメリカ発のパタゴニアと、日本が生んだモンベル。一見、共通点は”アウトドア”くらいに見えるが、実は両者の絆は深い。



「モンベルの社長とパタゴニアの社長は、以前からすごく仲が良いと周囲から聞いています。昔は、日本でパタゴニアを広げるため、モンベルが代理店となってパタゴニアを仕入れていたんですよね。

当初は反応も薄かったようですが、徐々に支持を拡大したことで、『じゃあ、今後は分けて運営していったほうがいいんじゃないか』ということで、パタゴニアジャパンが設立されたようなんです。父が両ブランドを好きな理由も腑に落ちますよね」。

我々が海外へ行って現地でしか手に入らないモデルをこぞって購入するように、海外の方は日本を訪れた際、率先してモンベルを購入するという。そんな両者の背景を聞くと、さらに胸がアツくなるではないか。


2/3

RANKING