OCEANS

SHARE

2022.05.30

からだ

糖質をゼロにしてはいけない。医師が提案!疲労困憊な肝臓を「いたわる食べ方」

ストレスなどの影響もあり、疲れている人も多い肝臓。いたわる食事法はどういうものなのでしょうか(写真:west/GettyImages)

ストレスなどの影響もあり、疲れている人も多い肝臓。いたわる食事法はどういうものなのでしょうか(写真:west/GettyImages)


当記事は「東洋経済ONLINE」の提供記事です。元記事はこちら

長野県の佐久市立国保浅間総合病院「スマート外来」では、患者の8割が3カ月で約5kgの減量と脂肪肝の改善に成功しています。その減量ノウハウとはーー。

肝臓外科医・尾形哲氏が上梓した『専門医が教える 肝臓から脂肪を落とす食事術 予約の取れないスマート外来のメソッド』から一部抜粋・再構成してお届けします。

 「スマート外来」を訪れるのは、肥満・脂肪肝の改善を目指す方々ですが、これまで何度もダイエットに挑戦して、しかし痩せることができなかった人も多くいらっしゃいます。

若いころは痩せていたのに、40代半ばを過ぎるころから急に太り出して、どうしていいかわからない人もいます。

年齢が進むにつれて基礎代謝が下がり、だれしも脂肪をため込みやすくなるものですが、特に女性は、更年期以降、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少していくことで太りやすくなります。

エストロゲンには内臓脂肪の増加を抑える働きがあり、それが閉経に向かって枯渇していくのです。この内臓脂肪から溶け出した脂肪は肝臓にたまりますから、女性は40代後半から脂肪肝になるリスクが急激に高まります。

ストレスも肥満の原因に

太ってしまう原因には、男女とも、精神的ストレスが影響していることもあります。

事情はさまざまですが、脂肪肝リスクが高まる40代後半以降は、親の介護や家庭のこと、仕事のことで、自分自身を顧みる時間もないほど忙しくしている人がたくさんいます。


2/4

RANKING