OCEANS

SHARE

2022.05.19

ファッション

コツは地味に着ること。“コーデュロイ&デニム”ショーツの鉄板スタイルガイド



▶︎すべての画像を見る

“定番素材”ショーツの魅力は、何も考えずとも格好良く決まる安定感にあると思う。

あれこれ考えずシンプルでいい、地味でいい。そんな“定番素材”ショーツのスタイル集。

スウェット&チノに続き、ここではコーデュロイとデニムをお届け。

“コーデュロイ”ショーツスタイル

 

ショーツ6050円/クイックシルバー(ボードライダーズジャパン 0120-32-9190)、カットソー1万9800円/アンフィル 03-5775-3383、サンダル2万900円/ビルケンシュトック(ビルケンシュトック・ジャパン 0476-50-2626)


 

ショーツ2万5300円/RHC(RHC ロンハーマン 0120-008-752)、スウェット1万4300円/デウス エクス マキナ(ジャック・オブ・オール・トレーズ 03-3401-5001)、Tシャツ5500円/ザ センス 03-5579-2595、サンダル1万1000円/ビルケンシュトック(ビルケンシュトック・ジャパン 0476-50-2626)、ボトル2640円/サタデーズ ニューヨークシティ×リバーズ(サタデーズ ニューヨークシティ 03-5459-5033)


 

ショーツ8800円/ルーカ(ボードライダーズジャパン 0120-32-9190)、パーカ1万9800円/サタデーズ ニューヨークシティ 03-5459-5033、Tシャツ1万1000円/デンハム(デンハム・ジャパン 03-3496-1086)、スニーカー5170円/ヴァンズ(ヴァンズ ジャパン 03-3476-5624)、サングラス3万3000円/ディストリクト ヴィジョン×アンドワンダー(アンドワンダー 03-5787-3460)



2/2

RANKING