OCEANS

SHARE

2022.04.17

ファッション

アディダス「アディマティックよりこっち!」マニアが唸るミタスニーカーズコラボ2選



連載「偏愛さんいらっしゃい!」とは……

スニーカー好きたちを熱狂させるコラボスニーカー。「スキット」オーナー鎌本さんも数々のレアモノを手にしてきたが、「ミタスニーカーズ」によるコラボ作は特別な存在だ。

そのなかでも心に強く響いたのは、「アディダス」と共作した二足である。

▶︎ミタ仕様のアディダス動画を見る

話を聞いたのは……
「スキット」オーナー・鎌本勝茂さん

鎌本勝茂●現在は吉祥寺、大阪、仙台、福岡に店を構える「スキット」の大黒柱。18歳でスニーカー業界に足を踏み入れ、販売やバイイングを経験。そのキャリアは20年以上にも及ぶ。オリジンへの愛着はひとしおで、眠れる名品を掘り当てる嗅覚と目利きにも秀でる。

鎌本勝茂●現在は吉祥寺、大阪、仙台、福岡に店を構える「スキット」の大黒柱。18歳でスニーカー業界に足を踏み入れ、販売やバイイングを経験。そのキャリアは20年以上にも及ぶ。オリジンへの愛着はひとしおで、眠れる名品を掘り当てる嗅覚と目利きにも秀でる。

「単純に人気があるモデルを選んだり、ロゴを入れたりするだけのコラボには、あまり興味がないんですよね」と鎌本さん。だが、ミタスニーカーズが手掛けるコラボスニーカーは、そういう類のモノとはまったく違う。

「まず『こういうのが売れるでしょ』って感覚では作っていないと思うんですよね。アプローチするモデルにミタスニーカーズとしてどんな意味をもたせるか、というのをしっかり考えている。“コラボの哲学”のようなものを感じます」。

だからこそコラボのたびに、スニーカー好きを楽しませてくれる。鎌本さんが選んだアディダスコラボの二足も、そんな要素が満載だ。

名作アディマティックを落とし込んだ一足

1996年に発表されたアディダスの名作スケートシューズ、ノートン。その系譜を受け継ぎ登場したのがロースーツである。そんなスケートカテゴリーで絶大な人気を誇ったレジェンドモデルをベースに、同じく優れたクッショニングとボリューミーなデザインでファッションシーンにも多大な影響を与えたアディマティックのオリジナルカラーを落とし込んだ。

1996年に発表されたアディダスの名作スケートシューズ、ノートン。その系譜を受け継ぎ登場したのがロースーツである。そんなスケートカテゴリーで絶大な人気を誇ったレジェンドモデルをベースに、同じく優れたクッショニングとボリューミーなデザインでファッションシーンにも多大な影響を与えたアディマティックのオリジナルカラーを落とし込んだ。


まず見せてくれたのが、こちら。

つい先日、待望の復刻を遂げた名作シューズ「アディマティック」……を彷彿させるが、よく見れば様子が違う。



「’90年代のスケートシーンに多大な影響を与えたアディダスの名作に、アディマティックの感性を落とし込んだ『ロースーツ ミタ』という一足です。名作にまた別の名作の要素をミックスさせてしまうなんて、ブランドでは思いつかない。というか実現しえないですよね。『ミタスニーカーズ』だからこそできたコラボだと思います」。



「今年復刻したアディマティックを見て、やっぱりいいスニーカーだと思ったんですが、ロースーツ ミタと見比べてみたら……個人的にはこっちの方が断然好みだなと(笑)。

ミタスニーカーズ代表の国井さんが、もう2歩も3歩も先を行っている人なので、その感性にスニーカーシーンが追いついてきたといえるかもしれませんね」。

さらに、「当初はアディマティックのコラボスニーカーを作ろうとして、何らかの事情で難しかったのかも……」と推察しながら、鎌本さんは続ける。

インソールにはスケートボードのホイールと、「ミタスニーカーズ」の象徴である金網をミックスしたスペシャルグラフィックを落とし込んでいる。

インソールにはスケートボードのウィールと、「ミタスニーカーズ」の象徴である金網をミックスしたスペシャルグラフィックを落とし込んでいる。


「アディマティックでできないなら別のスケートシューズで表現する。色は今の空気感よりも当時を想起させるものを採用するなど、あらゆる面から考え抜いたのでは……。

と、こんなふうにスニーカー好きの想像を掻き立ててくれるんですよ。だからこそミタスニーカーズのコラボには色褪せない魅力を感じます。『このブランドのこのモデルだったら、どんなコラボがいいか』を考えて作っていると思うんですよ。

たかが履き物かもしれませんが、そこに独自の哲学を感じられるのが面白いですね」。


2/2

RANKING