OCEANS

SHARE

2022.03.17

ライフ

「サーフライダーファウンデーション」による、海を守るためのアクション

「サーフライダーファウンデーションジャパン」。

「サーフライダーファウンデーションジャパン」。


カリフォルニアが世界に誇るグッドウェーブ、マリブが開発と汚染により消失の危機にさらされていた時代、愛する波を守ろうとサーファーのグループが立ち上がり組織化されたのが国際環境NGO「サーフライダーファウンデーション」だ。

ここでいう“環境NGO”とは環境問題の解決に取り組む民間非営利の組織・団体のこと。問題提起し、社会的解決を目指すことを指針とする。

 

[加盟ブランドのアイテム①]真空断熱&ハニカム構造で長時間の保冷と保温をかなえる。ペットボトルごみの増加を防ぐ一方、BPAフリーのため人体にも優しい。左から946ml 6930円、621ml 5830円/ともにハイドロフラスク(アルコインターナショナル 06-6659-4126)


同活動を日本で展開する「サーフライダーファウンデーションジャパン(SFJ)」代表の中川淳さんによれば、「海を守る行動はサーファーの使命」だという。そして近年は“海を大切にしよう”という機運の高まりを感じるとも。

海やビーチを公共財と捉える動きはカリフォルニアほど多くはないが、海で過ごす時間を心地良く思ったり、ビーチをきれいにしたい気持ちからか、ごみを拾って帰る人が増えてきたというのだ。

 

[加盟ブランドのアイテム②]リサイクルコットンなど3種の綿と、リサイクルポリエステルを混紡。生地表面には天然成分を原料とする特殊な防臭・制菌加工を施し、嫌な臭いを大幅に軽減。各3500円/ゴート(ヤギ 03-3667-4888)


「先日も海岸行政に関する意見を求められ衆議院議員会館を訪れました。国会議員がサーファーの声に耳を傾けるようになったのだなと、時代の変化を感じます」。

海はみんなのもの。だから利用方法の決定に際してステークホルダーは多岐にわたり、地域住民にとっての安全な暮らし、漁師にとっての良質な漁場、サーファーにとっての波というように、それぞれに優先したい利益がある。

 

[加盟ブランドのアイテム③]網目の大きいワッフル生地は肌当たりに優れ、ビッグシルエットのリラックス感が倍増。左脇に付くジップポケットは、手ぶらでの外出を促すディテールだ。1万7600円/シーグリーン(タトラス コンセプトストア 青山店 03-3407-2700)


もし、波を失いたくないなら、素晴らしきビーチ環境を整備したいなら。積極的にはそう思っていない人たちの理解を得ることが重要だ。

「だから対話が必要なんです」と中川さん。「東京オリンピックでのメダル獲得もあり、多くの人にサーファーの声が届く時代になったのだと感じています」。



「サーフライダーファウンデーションジャパン」
【設立年】1993年
【設立国】日本(母体はアメリカ)
【理念】日本の海岸環境の保護
【SNS】Instagram@surfriderjp


草間智博(TENT)=写真 小山内 隆、増山直樹=文

SHARE

RANKING