OCEANS

SHARE

2022.03.09

ニュース

「ロエベ」と「オン」がコラボ!これぞコラボレーションの正しい形だと納得



ランナーやアスリートのみならず、ファッション業界にもファンが多い「オン」のシューズ。

例えば、「ロエベ」のデザイナーであるジョナサン・アンダーソンもそのひとり。シューズの快適性に惚れ込み、足元は常にオンという熱心な愛用者だとか。

そんなわけで誕生したのが、こちらのアイテム。

「クラウドロック」6万500円/ロエベ×オン

「クラウドロック」各6万500円/すべてロエベ × オン(ロエベ ジャパン 03-6215-6116)

「クラウドヴェンチュラ ロエベ」4万9500円/ロエベ×オン

「クラウドベンチャー 」各4万9500円/すべてロエベ × オン(ロエベ ジャパン 03-6215-6116)


まさに、デザイナーが好きなものを自身の感性で昇華させた、コラボの正しい形。

シューズからアパレルまで、オンが展開する高機能アイテムに、ロエベが誇るクラフト技術を融合させた今回のコレクション。気になるのはやはりシューズでしょ!

ってことで、詳しく見ていこう。

ラインナップは2種類。軽量でソフトな履き心地が魅力のハイキングブーツ「クラウドロック」と、グリップ力が自慢のトレランシューズ「クラウドベンチャー」だ。



 
まず目を引くのが、アッパーのデザイン。コラボのテーマである“大自然”からインスピレーションを受けた色使いが特徴で、カーキ、オレンジ、ブルーといったアースカラーをグラデーションで仕上げている。


 
シュータン中央にある赤いラインは、結んだシューレースを遊ばせないようにするためのギミック。シューズが本来持つ高機能へのリスペクトを感じさせるディテールだ。
 

アウトソールもアウトドアシューズらしいデザインへアップデート。一点一点、手押しで施されたというマーブル柄に、ロエベのクラフト精神が光る。


 
環境への配慮も抜かりない。アッパーのほか、パッケージまでリサイクル原料を使用するなど、隅々まで“大自然”というテーマに違わぬ仕上がり。

最先端のスペックと手仕事の応用技との融合によって、ハイテクシューズの新たな価値観を提示する一足だ。


[問い合わせ]
ロエベ ジャパン
03-6215-6116

外山壮一=文

SHARE