OCEANS

SHARE

2019.06.20

時計

オーデマ ピゲ「ロイヤル オーク」の、持ち手の器量を試してくる凄み

時器放談●マスターピースとされる名作時計の数々。そこから10本を厳選し、そのスゴさを腕時計界の2人の論客、広田雅将と安藤夏樹が言いたい放題、言葉で分解する。9本目はオーデマ ピゲ「ロイヤル オーク」。



安藤 腕時計界のマスターピースについて語る「時器放談」も残すところ2本になりました。オーデマ ピゲのロイヤル オーク。これも外せない名作かなと思います。

スゴい時計【9】
オーデマ ピゲ「ロイヤル オーク」

オクタゴン型のデザインがアイコニックな「ロイヤル オーク」。1972年に誕生したとは思えないほどモダンだ。「ロイヤル オーク “ジャンボ” エクストラ シン」チタンケース、39mm径、自動巻き。365万円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000)

広田 オーデマ ピゲといえば、やっぱりこれですよね。

安藤 とにかく売れているようですね。モデルによっては常に品薄状態です。この時計を語るのに外せないのが、著名ウォッチデザイナーのジェラルド・ジェンタがデザインした時計ということだと思います。

ロイヤル オークをデザインした故ジェラルド・ジェンタ氏。

広田 あ、そう、僕ね、ひとつ自慢できることがあって。生前のジェラルド・ジェンタに公式インタビューした最後の人間なんですよ。だから何って言われたらそれまでなんですけど(笑)。

時計ジャーナリストの安藤夏樹さん 安藤夏樹(写真右)●1975年、愛知県生まれ。ラグジュアリーマガジンの編集長を経て、現在はフリーに。「SIHH」や「バーゼルワールド」を毎年取材し、常に自分の買うべき時計を探す。口癖は「散財王に俺はなる!」。

安藤 世界中のジャーナリストの中の最後ですか? それはマジすごい。僕の3大“会ってみたかったデザイナー”のひとりですよ。エットレ・ソットサスにディーター・ラムス、ジョルジェット・ジウジアーロにジェラルド・ジェンタ。

広田 4人いますけど……。

安藤 まぁ、それくらい会ってみたかった人物。ジウジアーロには会ったし、ラムスは生きてるからまだチャンスがあると信じているんですが、ほかの2人は間に合わなかった。ジェンタはフリーのウォッチデザイナーですが、これってかなり珍しい存在ですよね。ほかにもいますかね、こういう人。ヴァシュロン・コンスタンタンのオーバーシーズの原型になった「222」をデザインした、ヨルグ・イゼック?

広田 とか。エディ・ショッフェルとか。ショッフェルはエベルのウェーブを作ったり、タグ・ホイヤーやブライトリングでも仕事した人です。


2/3