OCEANS

SHARE

2022.02.27

たべる

大阪「立呑み じゃりんこ」の醤油ベース焼きそばを呑土産! 翌週再訪したそのお味

仕事先の大阪で立ち寄った天満・天六にある「立呑み じゃりんこ」は2021年オープンの新しい店。

しかし、暖簾をくぐると既に老舗のようなあったかさがある。たぶん店主ご夫婦の素敵な人柄&いいお客さんのおかげ。

立呑み じゃりんこは、人に会いに行きたくなる酒場。

立呑み じゃりんこは、人に会いに行きたくなる酒場。


まずは日本酒と「お刺身ちょこっと盛」をば。複数種の鮮魚を少しずつ食べられるのがいい。

ポテサラや自家製春巻も丁寧な仕込みが伝わってくる。

旬の刺身を中心にセンス溢れるお料理たち。

旬の刺身を中心にセンス溢れるお料理たち。


あぁ、居心地がいいけれど東京への終電の時間。ギリギリまで店を堪能し、呑土産には店の名を冠した「じゃりんこ焼そば」を注文。

ご夫婦に家族への土産だと明かすと、ほかのお客さんから「新幹線でなくなるんちゃうん? あったかいうちに食べたほうがええで〜」とイジられひと笑い。てなわけで、家族にバレない程度にひと口だけパクっ。

稲庭うどんのような平打ち麺+醤油ベースの味付けの焼きそばは、ソースのそれとは違い日本酒にもバッチリ。ふた口目は控えて無事自宅に持ち帰り、平和が訪れました。

じゃりんこ焼そば400円

じゃりんこ焼そば400円


翌週、また大阪で仕事があって再訪。「おかえり〜」と声をかけられる。あったかいなぁ。

呑土産は味だけでなく、店の温かさを家族に持って帰る作業。冷めても“あったかい”、それが呑土産。男の嗜み。
「立呑み じゃりんこ」
住所:大阪府大阪市北区浮田1-5-31
営業:15:00〜22:00(日曜・祝日は13:00〜18:00)水・木曜定休
instagram@jarinko6534
※緊急事態宣言などにより、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。
クック井上。
SMA所属のお笑いコンビ「ツインクル」のメンバー。芸人活動の傍ら、野菜ソムリエ・アスリートフードマイスター・フードコーディネーター・食育インストラクター・BBQインストラクターの資格を所持する料理芸人。


クック井上。=文

SHARE

オーシャンズ メルマガ

RANKING