OCEANS

SHARE

2022.02.17

あそぶ

ミリタリーの老舗「ロスコ」のアウトドアラインが超クール。ハイスペ&ハイコスパな5選

「次なるキャンプギア」とは…… 

アメリカ陸海軍に製品を供給し、本格的なミリタリーアパレルも展開する老舗ブランド「ロスコ」。

ミリタリー好きなら、このロゴを見たことがある人は多いはず。

ミリタリー好きなら、このロゴを見たことがある人は多いはず。


質実剛健なアイテムに定評のある彼らが、ミリタリーをベースにしたアウトドアギアを日本でリリースし始めた。

ブッシュクラフトや本格キャンプで使えるギアを拡大中とのことだが、そんな気になるラインナップの中から5つのアイテムをチェック!

① 日本の防衛省指定工場で作られた本格的な飯盒 

(「戦闘飯盒2型」8580円/スワン 0796-22-7444)

「戦闘飯盒2型」8580円/ロスコ(スワン 0796-22-7444)


ロスコいち推しの新作は、日本国内の防衛省指定工場で生産された飯盒。

ソロキャンパー集団「焚火会」に所属する、お笑い芸人のスパローズ・大和一孝氏をアドバイザーに迎えて企画・生産したもので、ソロキャンプに最適な2合炊きとなっている。



ミリタリー感漂う塗装は、特殊変性ポリエステル樹脂。耐久性に優れるのでタフに使えそうだ。



一般的な4合炊き飯盒と同様に3つのパーツから構成され、本体は浅くてコンパクト。

一方、上蓋は少し深めの設計で、ストッパーとハンドルが付いているのでクッカーとしても活用しやすい。

② 繊細なランタンを守る、コーデュラ生地のケース

「ランタンケース 」H35(+6)×W20×D20cm 約400g 3850円/ロスコ(スワン 0796-22-7444)

「ランタンケース 」H35(+6)×W20×D20cm 約400g 3850円/ロスコ(スワン 0796-22-7444)


ミリタリーバッグ作りで培った技術を、ランタンケースに導入。装備品を簡単に着脱できるモールシステムのベルトをはじめ、ストラップやハンドルストラップも備えるなど、汎用性を高めた。

また、二段目のファスナーには高さを拡張できるマチが備わり、ぐるりと一周開けば+6cm分の容量を増やすこともできる。



表地は高強度で撥水性のあるコーデュラポリエステル、内装は滑らかな質感のポリエステルで構成し、クッション材も搭載。ガラスを使ったハリケーンランタンなども安全に収納して運ぶことができる。

③ 精巧な作りに感動するシェラカップ&シェラカップケース

「シェラカップ マットブラック」2200円、「シェラカップケース」1706円/ロスコ(スワン 0796-22-7444)

左「シェラカップ マットブラック」2200円、右「シェラカップケース」1760円/ロスコ(スワン 0796-22-7444)


新潟県燕三条で作られたシェラカップは、ステンレスのほかにもマットブラックをラインナップ。エンボス加工で浮き出たロゴもクールだ。

隣に見えるのは、重ねたシェラカップを最大5個まで収納できるシェラカップケース。

ボディにDリングも付くのでバッグなどに吊り下げて使ってもOK。タフなコーデュラ生地が傷や汚れから愛用のカップを守ってくれる。


2/2

RANKING