OCEANS

SHARE

2022.02.11

ファッション

MADE IN JAPANの「ナナミカ」デニムを分析。こりゃ大人が気に入るワケである

「世界最高峰! 日本デニムの今」とは……

いや、愛してるって。でも、最近はカラダがついてこないんだよ……。

デニムの話である。大好きではあるんだけど、重くて固く、やや敬遠しがちな年頃の同輩たちに捧ぐ、ナナミカのメイド・イン・ジャパン。このデニムとは濃密にまぐわれそうですぞ。

心と体をつなぐナナミカのデニム

デニムの魅力は痛いほどわかっている。だからこそ、ガタがきた体を理由に中途半端なアイテムへは足を通したくはない。それでもやっぱりはきたいのがデニムってもんだ。

ならば、試しにナナミカの新作を手にとってみるといい。

「」

「5 Pockets Denim Straight Pants」 2万2000円/ナナミカ(ナナミカ 東京 03-5728-3266)


ご覧のように、見た目は我々が慣れ親しんだ、オーセンティックなストレートの5ポケットデニムである。

ただ、いざ履いてみるとなんともうれしい着用感。大人たちのニンマリを引き出すべく施された工夫とは一体……さっそく2つの着目すべきディテールを紹介しよう。

① 意外なガゼットクロッチを装備!



デニムには珍しく、股下にはクライミングパンツよろしくなガゼットクロッチ(マチ付き)を装備。これが、足の可動域をしっかり確保してくれる。腰回りが窮屈だとか、足が動かしにくいといった“デニムあるある”がこれでなくなる。

② あるべきサイドシームがない!

一般的なデニムはここに縫い合わせがあるはずだが。


ナナミカの新作では、一般的なデニムでは必ず目にするものが排除されている。それがサイドシーム。

基本的にデニムは、前身頃と後身頃を事前に仕上げ、それを脇縫いで縫製するのが一般的。そのためサイドに縫い目ができる。しかし、ナナミカの場合は筒縫いを取り入れ、肌に縫い目が当たる不快感を払拭しているのだ。

2/2

RANKING