OCEANS

SHARE

オーベルジュ新作、フレンチ風の最高峰デニム

ほかにも、今季の新作には心を踊らせる最高峰デニムがスタンバイ。なかでも注目したいのは、ビームスで展開しているオリジナル、ブリッラ ペル イル グストとのダブルネームラインだ。

ブリーチデニム3万800円/オーベルジュ(ホワイト代官山 03-3770-5931/ビームスF 03-34703946)

ブリーチデニム「PHIL MENPU BLEACH」3万800円/オーベルジュ(ホワイト代官山 03-3770-5931 ※ビームス 銀座 03-3567-2224 でも取り扱い有り)


こちらは、フレンチカジュアル全盛の’80年代末から’90年代にかけて、パリで流行っていたブリーチ色のデニムを再現したものだ。

シルエットは定番モデルの『PHIL MENPU』と同様の細身ストレートで、時間をかけて加工することでスカッとしたサックスブルーを生み出した。

アタリ部分にインディゴが残るという独特のレシピは、デニムの酸いも甘いも知り尽くした小林さんならではの技である。

オイスターホワイトデニム2万8600円/オーベルジュ(ホワイト代官山 03-3770-5931/ビームスF 03-34703946)

アイボリーホワイトパンツ「PHIL MENPU IVORY」2万8600円/オーベルジュ(ホワイト代官山 03-3770-5931 ※ビームス 銀座 03-3567-2224 でも取り扱い有り)


「’80年代後半、ビームス社員の着用率がハンパなかったらしいです」というリーバイス 505のオイスターホワイトのカツラギデニムからインスピレーションを受けて製作。

ポール・ウェラーとミック・タルボットがコンビを組んだ伝説的バンド、スタイル・カウンシル。彼らのデビューアルバムである『カフェ・ブリュ』で、ふたりが颯爽と着こなしたフレンチコーデは今もなお色褪せず格好いい。そんなコーディネイトをイメージして作ったという一本は、今季のリーサルウェポンとして持っておきたい。


「フェチでいえば、日本は突き抜けているかもしれない」――そう語る小林さんは、だからこそトライ&エラーの繰り返しによって、あらゆるデニムの生地を表現できるまで至ったのだと分析する。

それは、今の作り手や若い世代にとっては途方もない財産といえる。先達たちの情熱と夢が紡いできた日本のデニム。それを語り継ぎつつ、最高のデニムライフを送りたい。

小林 学さん●服好きから圧倒的な支持を集める「スロウガン」と「オーベルジュ」のデザイナー。


「世界最高峰! 日本デニムの今」とは……
「デニムと言えばアメリカ」。かつてのヴィンテージブームを経験した人たちはそんな先入観を持ちがち。しかし今、世界を見てみると、プロはこう口を揃える。「デニムと言えば日本」。なんで? 方々から探る、世界最高峰、日本デニムの今。
上に戻る


伊藤恵一=写真 菊地 亮=取材・文

SHARE