OCEANS

SHARE

2022.01.12

あそぶ

公開延期だった超大作が続々。22年、絶対話題になる映画をトップ評論家が激推し

「オーシャンズ的、2022年ヒット予測」とは……

世界的パンデミックの影響で映画の興行収入が半減したと言われているが、映画パーソナリティのコトブキツカサさんによると、「2022年は、映画界にとって大豊作の一年になります」とのこと。

早速、逸話たっぷりのヤバそうな3本を紹介してもらった。 

語り手は……
コトブキツカサ●1973年静岡県生まれ。映画パーソナリティ、ラジオMC、文筆、俳優として活躍するほか、日本工学院専門学校 放送・映画科の非常勤講師を務める。年間約500本以上の映画を鑑賞している。

コトブキツカサ●1973年静岡県生まれ。映画パーソナリティ、ラジオMC、文筆、俳優として活躍するほか、日本工学院専門学校 放送・映画科の非常勤講師を務める。年間約500本以上の映画を鑑賞している。


[2022年の必見映画はこの3つ!]
① 『THE BATMAN-ザ・バットマン-』
② 『トップガン マーヴェリック』
③ 『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』

①『THE BATMAN-ザ・バットマン-』

3月11日(金)公開。配給:ワーナー・ブラザース映画 © 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

3月11日(金)公開。配給:ワーナー・ブラザース映画 © 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC


【あらすじ】
優しくもミステリアスな青年ブルースは、殺害された両親の復讐を誓い、夜は黒いマスクで素顔を隠し犯罪者を見つけては力でねじ伏せ、 悪と敵対する存在である“バットマン”になろうとしている。 ある日、権力者が標的になった連続殺人事件が発生。 知能犯のリドラーによって狂気と恐怖に追い込まれていくブルースの結末は!?

主人公ブルースを演じるのは誰?

はい、まずは大注目の『ザ・バットマン』です。2021年秋公開だったものが、3月11日(金)に延期になりました。アメリカ公開の1週間後ですね。

ツイッターでこの作品に関連する情報をツイートをすると、30〜40代男性の反応が大きいんです。オーシャンズ読者のなかにも期待してる人は多いのではないでしょうか。

注目してもらいたいのが、主人公のブルース・ウェインを誰が演じるのか

過去には、マイケル・キートン、ヴァル・キルマー、ジョージ・クルーニー、クリスチャン・ベールなど、錚々たるメンバーがブルースを演じてきまして、この役は俳優にとっては間違いなく“キャリアハイ”なんですよ。

© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC


で、今回、白羽の矢が立ったのが
ロバート・パティンソン。ハリウッドの若手俳優の中では今、トップじゃないですかね。『トワイライト』シリーズや『ハリー・ポッター』、最近では『テネット』が代表作です。

ブルースとバットマンの境界に苦悶する青年期

© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC


今回の作品でパティンソンが演じているのは、歴代の作品でいちばん若い頃のバットマン。ブルースとバットマンの境界が曖昧で、人格をコントロールできない苦悶が描かれています。

『バットマン』は単純な善悪じゃない。ヒーローなのにスカッとしていないし、離反者は出るし、内面がじめじめしています(笑)。でもそれは、バットマンが本来は悲しい物語だからなんです。

劇場から出てくるところを強盗に遭って、お父さんとお母さんが殺されてしまう。なんでこんな目に遭わなきゃいけないんだ!と憤ったブルース少年が、大人になってゴッサム・シティの世直しを始めるわけです。青年期のブルース自身も善悪に苦しめられるので、どう成長していくのか目が離せません。

『バットマン』シリーズを観たことがない人は、青年期を舞台にした今回の『ザ・バットマン』から見始めるのもおすすめです。


2/3