OCEANS

SHARE

胃の検査は辛い……。そんな概念とはサヨナラ!


――症状の理由をハッキリさせることが重要ですね。ちなみにピロリ菌検査は、誰でも受けられるのでしょうか?
はい、誰でも受けることができます。検査方法として、いちばんポピュラーなのは、内視鏡検査、通称・胃カメラです。人間ドックや健康診断でも可能ですし、胃の不調があるなど条件を満たせば、健康保険適用内で検査を受けることができます。
――胃カメラって、あのめちゃくちゃ辛い検査ですよね……ほかにはないですか?
胃カメラが苦手な方、加えて胃炎・潰瘍と診断されたことはないけれど一度確認しておきたいという方には、自費診療で受けられる検査があります。採血検査である「血中抗体検査」呼気を採取するだけの「尿素呼気試験法」は辛さがなく、とても簡単です。
健康診断でもオプションでピロリ菌検査ができるケースも増えていますので、ぜひ一度確認してみてください。そしてこれらの検査でピロリ菌が見つかった場合は、薬で簡単に除去できます
――とてもシンプルですね! 一度ピロリ菌検査・除去をすれば、もう胃がんの心配はないのでしょうか?
ピロリ菌検査で発見されなかった場合は、その心配はありません。ただし、ピロリ菌が見つかった場合には、一度除菌したとしても、念のため3年に1度は検査を行ってください
 

腹部に感じる不調は、「胃」が原因とも限らない

――最後に、年々頻度の増える胃もたれ・胸やけなどは、生活習慣を正して様子を見るしかないのでしょうか?
ご自身での判断は非常に危険なので、まずは医師にかかってください。そもそも腹部の症状は複雑であり、本当はどの臓器で起こっている症状なのか、正確なところは実際に診察・検査をしないとわかりません。ちなみに、診察を受けた“ついで”に、ピロリ菌が見つかるケースも多くあります。
――病院にかかって自分のカラダがどういう状態か、常に知っておくことが大切ですね。
原因さえわかれば漠然としたストレスも減り、手の打ちようも出てきます。わずかでも感じた体の不調に、まずは“神の声”と思って、病院へ行ってみる。同輩にあたるオーシャンズ読者のみなさまには、どうかそうあって欲しいと思います。

ピロリ菌を除去すれば、胃がんだけでなく、胃潰瘍・十二指腸潰瘍といった病気のリスクも大幅に軽減できるという。備えあれば憂いなし、ということで、まずは検査から始めてみよう!
「知らないと怖いカラダのサイン」とは……
加齢とともに、我らのカラダに忍び寄るさまざまな不調。いつどんな病気に罹るかわからないからこそ、小さな変化に敏感でありたい。ということで、危険を知らせるカラダのサイン集をお届け。
上に戻る
長瀬瑠美奈=取材・文


SHARE