OCEANS

SHARE

2021.11.20

タコマの荷台をフル改造! トヨタ謹製の本気で遊べるトレーラーが誕生

世界最大級のカスタマイズカーのイベント「SEMAショー」で、前回紹介した“ゴジラになったタコマ”に引き続き見つけたのは、トレーラーだ。
それがこれ。「こんなのあったら面白い」というコラージュ画像ではない。純トヨタ製の実物である。
よくもこれだけ……と思うほどさまざまなアイテムが収められている。
見た目はトヨタのピックアップトラック「タコマ」の荷台を切り取ったようなデザイン。だから同じボディ色のタコマで牽引している姿は「あれ?疲れ目で二重に見えてる?」という感覚になる。
けれど目的地に到着すると、あれもこれもそれも……と、まるでマルチツールみたいにいろんな装備が引き出せる、北米トヨタが作ったタコマの荷台型ベースキャンプだ。
タコマで牽引すると、なんとも不思議な絵面に。
このベースキャンプに収まるのは、カーテンで仕切れるトイレや温水シャワー、発電機、バッテリー、16ガロンのウォータータンク、15ガロンの汚水用タンク、スライド式のシンク&コンロ、調理道具、食器、食材、釣り竿、アウトドア用ブーツ……と数え出したらきりがない。
さらにスイッチを押せばリフトがせり上がり、ヤキマ製の4人用テントとオーニングも展開できる。もはやマルチツールを超えて007の秘密道具レベルだ。
シンクやコンロは引き出し式。デモ機の引き出しに忍ばされたポップコーンもナイスな提案。


2/2