OCEANS

SHARE

車に乗るより、遊びに行くより、楽しいこと

見つけたのは神奈川県にあるクライスラーのディーラー。走行距離はまだ4000km程度だった。


「写真でしか見たことのない色だったので、実際どんな感じなんだろう」と見るだけのつもりだったと言うが、出会ったらストッパーが効かなくなるのはよくあること。結局そのまま購入してしまった。
リアのキャリアには米軍払い下げのボックスを固定。ネットオークションで手に入れた。

それからは仕事にはもちろん、家族でのキャンプにも使っている。実はプリウスαのときからキャンプへは行っていた。

「当時は子供たちがまだ幼かったので、自然の中で遊ばせてあげたいなと連れていったのが始まりでした。幸い子供が楽しそうに遊ぶ姿に妻も喜ぶので、今でも家族みんなで月1回程度キャンプへ出掛けています」。

大きなタブレットは移動中に子供たちが動画を見れるように備えた。バックミラーにはリアカメラの映像が映る。「キャンプで荷物を満載したときなどに便利です」。

最初は大きなテントを設営していたそう。しかし「とにかく早く遊びたがる子供たちが、テントの設営や撤収を急かすので面倒くさくなって」と、今は妻と子供2人は車内にマットを敷いて車中泊、自身はタープの下にコットを設置して、その上にポップアップシェルターを置いて寝ている。

といっても、キャンプは「車があるし、家族が喜ぶから」と素っ気ない。仕事で全国ツアーにもしょっちゅう出かける浜崎さんだが、ラングラーでいちばん遠くまで行ったのは群馬県高崎市のライブくらい。

実は未だに運転するのがあまり好きではないという。

「渋滞が嫌いなんです。それにこの車だと飛ばす気持ちにもならないですし。追い抜かれても『どうぞどうぞ』っていう感じです」。

浜崎さんがハマったのは、乗ることよりも、オートキャンプよりも、ラングラーのカスタムなのだ。



4/4