OCEANS

SHARE

2021.11.07

ファッション

ホワイトマウンテニアリングが目指す機能服、ユニクロとコラボした理由とは

コロナ禍以降のニューライフスタイルにおける現実的な洋服として「BLK」を復活させたホワイトマウンテニアリング デザイナーの相澤陽介さん。
都会での“大人の事情”が増えた一方で、フィールドという観点でいえば、今年完成する軽井沢のアトリエも服作りに大きく関係しているそうだ。
「ホワイトマウンテニアリング」デザイナーが山と街を往復する過程から考えた“現実的な機能性”
プルオーバー5万9400円/ホワイトマウンテニアリング×ミレー、Tシャツ1万2100円、パンツ2万8600円/ともにホワイトマウンテニアリング 03-6416-5381、スニーカー1万3200円/ヴァンズ(ヴァンズ ジャパン 03-3476-5624)
ホワイトマウンテニアリング デザイナー
相澤陽介さん

1977年生まれ。2006年より自身のブランドを開始、ʼ16年よりパリコレクションに参加する。本文に挙げた活動のほか、ブランドのディレクションやヤマト運輸の制服デザインなど、活躍するフィールドは多岐にわたる。
 
「自分のブランドを設立した頃から、いつかは、という思いがありました。結果、3年くらいかかりましたが。
『服を着るフィールドはすべてアウトドア』。これは東京でも山を感じられる都会のアウトドアという意味合いで掲げたコンセプトですが、やっぱり自分でそれを実践していかないといけないなと感じたんです。
薪を割ったり、焚き火をしたり、山で過ごすことで、いろいろ見えてくるものも変わり始めていますね」。
アウトドアブランド、ミレーとコラボレーションしたプルオーバー。中綿は高機能な「ポーラテックアルファ」と抜かりなし。
例えば、往来の高速道路。約2時間半運転するとなると、快適な姿勢でいられることや、シワができにくいこと、細かくいえば、ポケットから物が落ちないなど、服が備えるべき機能的条件はおのずと見えてくる。
そこに「ゴアテックス」や「ポーラテック」などの機能素材、あるいはゆるやかなパターンなどをミックス。自身が都会と自然をボーダーレスに往復するなかで、大人の男にとっての現実的な洋服を探し続けているのだ。
ライトな防水透湿システム「ゴアテックスインフィニアム」を採用したボアフリースをアウターに。耐久性・保温性ともにバッチリでこれからの季節のアウトドアシーンも余裕。プルオーバー5万9400円/ホワイトマウンテニアリング×ミレー、Tシャツ1万2100円、パンツ2万8600円、フリース4万6200円/すべてホワイトマウンテニアリング 03-6416-5381
「アウトドアウェアを、そのまま着ることをしない自分らしい服作りとなっています。 “ホワイト”のコレクションが、ファッションのカレンダーのなかでシーズンに合わせて進めていくものだとすると、BLKは、自身の生活からフィードバックさせて徐々にアップデートするイメージです。
アトリエの話をしましたが、実は完成しているのは、9割ほど。過ごしてみると、いろいろ直したいところが見えてくる。サグラダファミリア状態です(笑)。
BLKも、アトリエと同じように、調整しながらゆっくりと育てていきたい。だから、これが完成形!というのはないのかもしれません」。
「コンフォートな服選びは、現代におけるスタンダード。そこにはオーバースペックにならない程度の機能性が必要。同時に、人間は、体を動かすものですから、その“動き”にフィットしたパターンニングも重要だと考えています」。
 そして、相澤さんの今季注目を集める取り組みのひとつといえば、ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリングのローンチだろう。
メンズ・ウィメンズ・キッズの全9型が登場。都市とアウトドアの境界を越えるだけでなく、ユニセックスで着用可能なアイテムも入り、ジェンダーの境界さえも越えている。


2/2

RANKING