OCEANS

SHARE

2021.10.29

ファッション

Gジャン好きスタイリストが気に入る「サンセ サンセ」の一着でのコーデ術

スタイリストの梶雄太氏がディレクターを務める気鋭のブランド「サンセ サンセ」。

SANSE SANSE サンセ サンセ

古着のような新品。「サンセ サンセ」のGジャンに漂う、昔から着ていたかのような懐かしさ
ジャケット3万800円/サンセ サンセ(ブランドニュース 03-3797-3673)、その他すべて私物
スタイリスト
荒木大輔さん Age45

今季は、“新品でありながら長く着ているような服”をイメージさせるコレクションを展開。まさに、長く付き合える定番服が揃う。
「古着ではないけれど、なんかちょっと懐かしい」。そう荒木さんが感じるのは、少しビッグシルエットのGジャン。
「ブラックデニムが色落ちした塩梅も、濃すぎず薄すぎずで気に入っています。身幅の設定も自分好みで、本当に昔から着ていたかのような印象(笑)」。

襟元はコンパクトで、肩はドロップ気味。「過剰なビッグシルエットではなく、’80sの大きめの古着を連想させるような独特の形。新品では、ありそうであまりないですね」。

「余裕のある身幅は、スウェットやセーターをインナーにしてちょうどいい」。着こなしのバリエーションを広げてくれる存在でもあるようだ。
ちなみに、ご登場いただいた荒木大輔さんは大のGジャン好きとしても知られている。そのコレクションと着こなし術も必見だ。
 
山本雄生=写真 梶 雄太=スタイリング 長谷川茂雄=編集・文


SHARE