OCEANS

SHARE

2021.09.12

あそぶ

キャンプの“+α”にSNSで話題の折り畳み式ボート「パックラフト」を!

パックラフト
「Camp Gear Note」とは……
近頃、キャンプだけでは飽きたらないキャンパーたちの間では、「キャンプ+α」の遊びが流行っているらしい。
例えば、朝夕に釣りをしてみたり、森をMTBで走り回ったり、はたまた山を登ったり。
なかでも、耳の早い人たちが注目し始めているのが「パックラフト」という新しいギアを使った遊び。これが水辺のキャンプとの相性が抜群に良い。
初めて耳にする方も少なくないギアだと思うので、まずはパックラフトとはいったい何なのか、どんな遊び方ができるのかを解説してみよう。

「パックラフト」って、どんな道具?

パックラフト
収納袋から出してから水に浮かべるまで10分もあれば十分。
「パックラフト」とは、ラフトボートの形をした折り畳み式のインフレータブルボートのこと。アラスカの広大な荒野を旅するために生まれた比較的新しい道具で、名前のとおり「パッキングできるラフトボート」として作られた。
ゴムボートのように浮力が大きく手軽に使えるが、ラフトボートのような丈夫さがあり、カヤックのように操作性が高い。敷居が高く思われがちなパドルスポーツにおいて、初心者でもカジュアルに始められるいいとこ取りな道具なのである。
パックラフト
ひとり用サイズを丸めた状態。しっかり畳めば、さらに小さくなる。バックパックに無理なく入る大きさだ。
大きな特徴は、未使用時は折り畳んで小さくパッキングできることと、非常に軽量なこと。
重量は生地の厚みや形状にもよるが、大体2.5〜8kgほど。山や川を背負って移動しても負担にならず、必要な場所で手軽に出したりしまったりできる、非常に機動力に優れた道具なのだ。
通常のカヤックやカヌーと比べると圧倒的に軽量&コンパクトなので、マンション住まいの方は押入れや物置に収納できることも見逃せない。
パックラフト
静水用モデルは比較的小振りで軽量&コンパクト


2/2

RANKING