OCEANS

SHARE

2021.09.09

セドバン、メルセデス123、ほかには? 渋くて実用的な80〜90年代ワゴン4選

今の車とは違った味わいを持ちながら、現代的な実用性も備えた1980〜’90年代の車が今、中古車市場で引く手数多だ。
なかでもワゴンは人気の筆頭。例えばこんな4台は、渋くて実用的で絶妙にいいラインだと思う。

■メルセデス・ベンツ S123 ワゴン

ルセデス・ベンツ S123型ワゴン
ワゴンモデルは「Tシリーズ」と呼ばれていた。新車時の車両本体価格は680万〜938万円。中古車の台数は少ないが100万〜500万円で見つけることができる。
まずは、定番のW124型のワゴン(S124)のひとつ前、W123型のステーションワゴン「S123」を取り上げたい。
最善策のみを尽くすというメルセデス・ベンツの「最善か無か」時代の黄金期である1978年にデビューした、ミディアムクラスのステーションワゴンだ。メルセデス・ベンツにステーションワゴンが設定されたのは、このS123が初めてとなる。
初めてとはいえ、さすがは「最善か無か」のメルセデス・ベンツ! そう唸らざるを得ないほど、丁寧な仕事が施されている。

今見るとクラシカルなデザインながら、上品さは十分、穏やかな表情だけど重厚感はあるという、ちょうどいい塩梅なテイスト。
S123を含めて123シリーズは「世界最高の実用車」とよく呼ばれるが、実際に運転してみれば、きっとそれがよくわかるはず。今これを足にキャンプや波乗りに行ったら、最高にカッコいいんじゃない?
 

■BMW 5シリーズ ツーリング

BMW 5シリーズ(E34型)ツーリング
新車時の車両本体価格は500万〜895万円。残念ながら中古車はほとんど流通していない。
既にステーションワゴンを設定していた3シリーズに続き、BMWはこの3代目5シリーズにも初めてステーションワゴンを加えた。日本にも1992年から正規輸入されている。
上記のメルセデス・ベンツの「実用車」に対して、こちらは「ワゴンでも速いぜ!」とスポーティ感を打ち出したステーションワゴンだ。
日本に導入されたのは2.5Lの直列6気筒と、4LのV型8気筒。直列6気筒ならいわゆるシルキーシックスと呼ばれる、絹のように滑らかに回るエンジンが魅力で、V8ならスポーツカーみたいにバキューンと走る加速感が味わえる。
つまり目的地までたどり着くまでも、走りが楽しいから移動が苦じゃないってこと。
一方で、バックドアのガラス部分だけを開けられ小さな荷物の収納や、狭い場所での荷物の出し入れに便利など、速いだけじゃなく細かな気も利くステーションワゴンだ。


2/2

RANKING