OCEANS

SHARE

看板娘、登場

「お待たせしました〜」。
常にニコニコしているこちらの女性は店長の松倉和可さん(26歳)。フードは何がいいでしょう?
「どれもお勧めですが、『合鴨のスモーク』なども人気ですね」。
お値段500円(期間限定メニューで間もなく終了)。「ピクルス2種」(200円)も追加した。
大岡川ビューの窓際の席でいただきましょう。
素晴らしい。
コーヒーは白楽と大倉山に店舗を構えるロースターカフェ、「テラコーヒー」とのコラボ商品。
ビール好きには大好評だという「合鴨のスモーク」にはピンクペッパーとブラックペッパーがかかっており、エクストラバージンのオリーブオイルで味を整えている。自家製ピクルスは人参とアーリーレッドという紫玉ねぎというラインナップだ。
美味しくいただいたのちに、和可さんに話を聞いた。生まれ育ったのは長野県白馬村。夏は登山客、冬はスキーヤーで賑わう観光地だ。
おじいちゃんとよく山菜採りに行っていた子供時代。
「白馬村は山、川、自然が本当にきれいな田舎。今でも大好きな場所です」。
標高2900m前後の山々が連なる後立山連峰を望む。
和可さんがヤドカリに入社した理由は、大学の友人が楽しそうに働いていたから。
「自分らしい働き方を実践している友人を見て、その環境に触れてみたかったんです。純粋に憧れでしたね」。


3/3