OCEANS

SHARE

2021.07.22

週末をフル活用する職遊融合カングー完成! 搭載ギアから専用スペックまで全解説

オフィスの近くに住む「職住近接」の時代は過去のこと。今、理想とするのは、仕事も遊びもごっちゃ混ぜにした「職遊融合」である。
そんな新時代の到来を象徴する車が、このたび完成を迎えた。

ご覧いただいているのは、フランスの名門・ルノーと、多拠点コリビング・リビングエニウェアコモンズ(以下LAC)、そしてオーシャンズがコラボして作り出した「職遊融合カングー」。
って、ノーマル車じゃない? と思われそうだが、そうではない。カングーの持つ汎用性を最大限に活かし、新時代のFUN-LIFEのカタチを凝縮した夢の一台、そのスペックのすべてを明かそう。

Renault KANGOO ルノー カングー
丸くてアイコニックな個性的デザイン、乗り降りや積み下ろしも簡単な両側スライドドア&ダブルバックドアなど、汎用性と機能性を兼備した人気車。広々した快適な内装は、カスタム好きな男の妄想をグイグイと掻き立てる。254万6000円〜。

パッと見、どノーマル。開けたら驚きの「コンテナ・モジュール」

外観だけ見れば、“どノーマル”のカングーである。だが、中身を見ればハッとする仕掛けがそこにある。それではさっそく種明かし。バックドアを御開帳〜。

ラゲッジスペースにドドンッと仕込んであるのは、ウッド製のオリジナルコンテナだ。カングーの実車サイズを緻密に測定し、カングーにピッタリと合うようミリ単位で設計した。
計9ブロックに分かれており、それぞれ「職遊融合」を彩る便利アイテムを収納。コンテナはバラバラにして動かすことができ、目的に応じてチェアやデスクへとトランスフォームする仕掛けとなっている。
まずはざっとその中身を見てみよう。

中央のコンテナに積み込んだのは「ジャクリ」のポータブル電源。ラゲッジトランクの左側にある縦長コンテナに搭載したソーラーパネルで充電することもできる。
左隅のスペースにすっぽり収まるソーラーパネル。
ポータブル電源は約1500Whの超大容量で、スマホなら約140回、車載冷蔵庫(60W)なら約90時間連続で稼働可能。もちろん、パソコンやドライヤー、掃除機なども使用できる。
快適な「職遊融合」を支えてくれる、頼れる存在だ。
冷蔵庫もコンテナ内に格納。
右側のコンテナには冷蔵庫を設置。コンテナの裏側でポータブル電源に接続できるようになっているので、夏でも冷たい飲み物でのどを潤し、肉や野菜も新鮮な状態で持ち運べる。

左側のコンテナには調理グッズ一式がズラリ。スタイリッシュで機能的な「ソト」のガスバーナーや、高い耐久性・保温性をもつ「スタンレー」のカップやコーヒードリッパー、真空ボトルなどを揃えた。
そのほかのコンテナ部分にも、ハンマーや電源タップ、充電コードなどのお役立ちアイテムを詰め込んでいる。
しかも、冒頭で「カスタムカーではない」とお伝えしたとおり、意外にも車体自体はノータッチ。どこも削っていないし、何も取っ払っていないので、定員を減らすことなく、いつもどおり家族で広々と使ってもらえる。


2/2

RANKING