OCEANS

SHARE

2021.06.19

からだ

8kg減、アレルギー改善……16時間断食でドランク・鈴木 拓が実感した無数のメリット

今、空前のブームとなっている「16時間断食」。
人気お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木 拓さんは16時間断食を実践して、まもなく1年が経つという。
メリットを根掘り葉掘り聞いてみると、そこには“クズ芸人”のイメージとはほど遠い、鈴木さんの悟りの境地が見え隠れした……。

話を聞いたのはこの人!

鈴木 拓●1975年神奈川県生まれ。お笑いコンビ・ドランクドラゴンのツッコミを担当。趣味はシーカヤック、ルアーフィッシング。格闘技、流鏑馬、釣りが特技。自身のYouTubeでは、釣りの動画を配信中。
そもそも16時間断食とは、24時間のうち8時間は好きなものを食べ、残りの16時間は何も食べない。そうすることで自食作用(=オートファジー)が働き、体内の古くなった細胞が蘇るという健康法だ。
ダイエットのほか、免疫や血管、自律神経に良い効果が期待できるとされている。果たして鈴木さんが得たメリットとはなんだろうか?

 

初めの1カ月で体重が6kg落ちた

──鈴木さんが、16時間断食を始めたきっかけは?
もともと風邪を引きがちだったので、新型コロナウイルスに感染しないよう、免疫を上げたかったのが一番の目的です。
『「空腹」こそ最強のクスリ』(アスコム刊)という本に出合って、こんな健康法があるんだ! と知ったのが去年の夏頃。僕の場合はダイエットというより、健康のためでした。
──まず、どんな効果を感じましたか?
減量を目指してなかったのに、最初の1カ月であれよあれよと5〜6kg落ちたんです。当時72kgだったのが現在は64kgになって、断食を始めてそろそろ1年が経ちますが、同じ体重をキープしてますね。
──1年も継続できているということは、16時間の絶食はあまりきつくない?
始めた当初は、確かに「空腹がきついな……」と思うことはありました。でも、どんどん体調が良くなっていくし、効果テキメンだったので「3食を食べることは体に負担だったのかもな」と思うようになりました。
ロシアでは1970年代頃から絶食療法の研究が進められ、絶食を医療の一環として捉える考え方もあるようです。人間は空腹がデフォルトの状態らしいですが、僕も今はそう思ってます。


2/3

RANKING