OCEANS

SHARE

2021.05.21

京都でしっぽり「クラシック・シトロエン」レンタカーという“アクティビティ”

「そうだ 京都、行こう」。名優・長塚京三さんの渋い声は、いつでも我々を京都に誘ったが、この4月から、車好きにとってもうひとつ、京都に行きたくなる理由ができた。
古くて良い味の出ている古都を、古くて良い味の出ているシトロエンの旧車に乗って回れるからだ。

 

“ブリキの缶詰”で、素朴に京都を巡る

シトロエン車のレストアと販売を行っている京都の会社アウトニーズが、クラシック・シトロエンをレンタカーとして提供するサービスをこの4月から開始したのだ。
借りることができるのは、「2CV」と「DS」というシトロエン往年の名車。
2気筒エンジンのゆったりした走りが、京都の街にちょうどいい。
こちらの2CVは1948年から販売されたシトロエンの名車。
当時の農家の人たちのため「大人ふたりと50kgのジャガイモと積んで60km/h出せる」ことや「籠に積んだタマゴが割れない快適な乗り心地」を目指して開発されたと言われる。
はじめて姿を現した1948年のパリのモーターショーでは、訪れたジャーナリストなどに「醜いアヒルの子」「ブリキの缶詰」などと酷評された。
しかしその価格と乗り心地の良さ、広い車内といった長所が大衆に受け入れられて、あっという間に大ヒットとなった。
インテリアも独特。ステアリングは一本スポークで、シフトレバーはダッシュボードから突き出ている。借りる際はお店でしっかりレクチャーを受けるようにしよう。
排気量の拡大など少しずつ進化を遂げつつも、最初の要件を損なうことなく、結果1990年までという長きにわたって愛され続けた「フランスの国民車」だ。
西武自動車販売が輸入していたこともあるほか、多くの2CVが海を渡ってきた。今も多くのファンを持つ車だ。
 


2/2

RANKING