OCEANS

SHARE

③使い勝手、乗り心地、燃費。すべて良し

ハイブリッドのほか、1.5Lガソリン車もある。ラゲッジだけでなくキャビン部分も広いが、たいていの立体駐車場に収まるよう、全高は1545mmに抑えられている。

ホンダ シャトル

ボディサイズを目一杯有効に活用し、ラゲッジ容量はクラス最大の570L。後席を倒せば最大1141Lまで拡大でき、開口部が低くて広いため、荷物を積み込みやすいなど、車内空間にこだわって作られたのが、シャトルだ。
シャトルバスやスペースシャトルという言葉からも想像できるように、車名の「シャトル」とは折り返して往復する定期交通便を指す言葉。つまり街から郊外へ、幾度も人と荷物を運べる車というわけだ。
後席を倒すと広くフラットなラゲッジを作れる。さらに助手席の背もたれをフルフラットにすれば最大1840mmの長尺物を積むことも可能。ラゲッジ下には防水加工された収納スペースも用意されている。
そのためにはラゲッジの広さだけでなく、低燃費であることも欠かせない。1.5Lエンジン+モーターのハイブリッドモデルならJC08モード燃費33.2km/Lと、毎日乗っても財布に優しいワゴンだ。
 

④スバルが“みちびき”役のワゴンの未来

水平対向4気筒+4WDとスバル黄金の方程式が採用されている。1.8Lターボとチェーン式CVTによって、低速から力強く、かつ滑らかな加速感を味わうことができる。

スバル レヴォーグ

北米市場向けに大きくなっていったレガシィツーリングワゴンに、置き去りにされてしまった日本の“スバリスト”。もちろんスバルもそれでいいとは思っていなかった。
レガシィという名こそ無いが、日本国内向けに“新たなレガシィ”として開発されたのがこのレヴォーグだ。
もちろん使い勝手の良いラゲッジや爽快な走りは、レガシィ時代からさらに進化を遂げている。また今やスバルといえばアイサイトだが、ver.2,ver.3と進化し続け、ついにレヴォーグではアイサイトXと名乗るようになった。これはもう数字を足していく程度の進化じゃないんです、ってことなのだ。
「みちびき」の情報などを駆使し、正確に自車位置を把握できるからこそ、渋滞時(0〜約50km/h)にハンズオフが可能に。同様にレーンキープや先行車追従の精度も高い。
何しろ衛星「みちびき」や3D高精度地図データなどを駆使。渋滞時のハンズオフのほか、カーブや料金所手前ではスムーズに減速し、通過すればすみやかに加速までしてくれる。まるでもうひとりドライバーを雇っているかのようだ。
 

⑤全開の“らしさ”で輸入車と真っ向勝負

リアゲート開口部付近の幅に注目し、スーツケースを横に2つ並べて積める広さを確保。

マツダ マツダ6ワゴン

2019年にアテンザという日本名から、世界共通の車名「マツダ6」と名が変わったマツダのフラッグシップモデル。機能や装備の充実はもちろんだが、デザインや質感も、マツダらしさを詰め込んだ仕上がりになっている。
エンジンバリエーションが豊富で、2Lと2.5L、2.5Lターボという3種類のガソリンエンジンと、2.2Lディーゼルエンジンがある。しかも、走りにこだわるマツダらしく、ディーゼル車には6速MT車まで用意されている。
マツダらしさ前回のインテリア。上級グレードには日本の伝統と先端技術から生まれた新素材や、天然の木を素材にした加飾などが用意されている。
意のままに操れる「人馬一体」感のために、細かいところまで年々改良されつづけているのもマツダ車ならでは。これが確実に走りの質を上げている。
世界共通のモデル名にしたということは、輸入車と真正面から張り合うという決意の表れ。輸入車を検討している人にも、一度は試してほしい一台だ。
 
籠島康弘=文


SHARE