OCEANS

SHARE

2021.05.06

シボレー、メルセデス、ワーゲン。日本で正規販売していた傑作バン4選

海外車メーカーによるバンは、国産以上の歴史とバリエーションが存在するが、その多くは日本に入ってきていない。
しかし、過去に正規輸入されていた海外メーカーのバンだけを見ても、やっぱりあるんだなぁ、魅力的なバンたちが。
 

■生粋のアメリカンスタイル「シボレー エクスプレス」

日本に輸入されたモデルは3ドアと4ドア、後輪駆動と4WDがあった。
全長5.6m超、全幅と全高はどちらも2m越えというフルサイズバン、シボレーのエクスプレス。
2003年に登場したモデルは今もアメリカでは現役だ。日本にも2004年から三井物産オートモーティブによって輸入されていたが、同社がGMジャパンに業務を移管した2012年にエクスプレスの販売も終了してしまった。
リアドアは観音開き。助手席側のみ備わる3ドアと、両側に備わる4ドアがあった。テールゲートも観音開きだ。
輸入されていたエクスプレスは、5.3LのV8エンジンを搭載した3列シート8人乗り。“フルサイズ”バンゆえ、8人乗ってもラゲージはたっぷり余裕がある。
何しろ本国の2021年モデルには4列シート・12人乗りもあるくらいだ。さらに全長約6.2mの5列シート・15人乗りなんてモデルもある。
一方フルサイズバンゆえ、日本で取り回すには技術がいるけれど、仲間とワイワイしながらキャンプへ行くには最高の一台かも!?
新車時車両本体価格は441万〜472.5万円だったが、10年以上経った今でも中古車の平均価格は275万円と人気が高い。
 

■スズキも販売したミニバン代表「シボレー アストロ」

「エクスプレスはさすがに大きすぎる」ならアストロはどうだろう。日本ではエクスプレスよりずっと早い1993年から輸入されていたため、中古車の台数も多い。
2+2+3の7人乗り仕様なら、運転席から3列目までのウォークスルーが可能。
全長約4.8m、全幅約2mと本国ではフルサイズバンの下となるミニバン扱いだが、日本ではトヨタのアルファードに近いサイズだ。
4.3LのV6エンジンが搭載され、7〜8人乗り。当初は三井物産オートモーティブやヤナセが輸入していたが、その後GMジャパンが引き継ぎ、さらに当時GMグループに属していたスズキから2005年まで販売されていた。
新車時車両本体価格は約330万〜380万円だったが、現在の中古車平均価格は約90万円だ。


2/2

RANKING