OCEANS

SHARE

2021.05.16

アウトドアな「ハイエース AMJ カスタム」の魅力を識者6人が分析!

憧れのバンライフをかなえてくれる「オートモーティブジャンパン」のハイエース AMJ カスタム。
ベースとなるのは世界各地でタフな車として知られるハイエースのスーパーDX。サンドベージュでオールペンされたアウトドアテイスト満点なこの一台を、識者たちはどう分析するのか、必見です!
識者6人が徹底分析!憧れのバンライフをかなえてくれるキャンプな車「ハイエース AMJ カスタム」に迫る
カスタム例 ルーフトップテント26万4000円、ルーフラック22万7700円、ラダー7万700円、ベース車両249万8000円 ※車両によって変動/オートモーティブジャパン 045-534-6071
「オートモーティブジャンパン」のハイエース AMJ カスタム
ルーフトップテントは南アフリカ発のオフロードパーツメーカー、フロントランナーのもの。過酷な環境下でテストされたアイテムは耐久性が抜群と評価が高い。荷室はウッドフロアになっており、砂や泥などで汚れても手入れが楽。ヘビーデューティに使いたい。

あらゆる意味で最強です

アジアやアフリカで、「○△商会や×□工業のロゴが入った日本の中古車をよく見かける」っていう話を聞くじゃないですか。
一度、ナイジェリアやカンボジアから日本の中古車オークションに買い付けに来ている業者のみなさんに話を聞いたことがあります。で、彼らは異口同音に「トヨタは10万km走っていても新車と同じ」と言ってたんですね。あと、「地球の裏側でもトヨタは2、3日でパーツが来る」とも言ってました。
世界中の業者がこう言うのって、すごいブランド力ですよね。もし灼熱の砂漠とか湿地帯とか、車が止まったら死んじゃうような土地で暮らすなら、絶対にトヨタ車にしようと心に誓いました。
キャンパーも同じです。ホントだったら昔のフォルクスワーゲンのタイプ2(いわゆるワーゲンバス)あたりで雰囲気を出したいところです。でもキャンプに使うなら、車のオーバーヒートより人間の熱中症に気を配りたい。
車のオイルを気にするより、おいしい地酒を探したい。なにより、10万kmでも20万kmでもへこたれずに走ってほしい。となると、ハイエースって最高の選択肢です。ただし“吊るし”の状態で乗ると、それこそザ・商用車です。だからこんな感じでセンス良くドレスアップしてくれるのはうれしいです。
仕上がった個体を見ると、飾らない道具の格好良さというか、用の美というか、ハイエースってワーゲンバスに通じる雰囲気があっていいっすよね。
モータージャーナリスト
サトータケシさん
車を主戦場とするフリーランスのライター/エディター。2021年の4分の1を終えた時点でのベストはルノー・キャプチャーだったとか。夏からの新車ラッシュが楽しみらしい。
 



2/4

RANKING