OCEANS

SHARE

2021.04.16

もっと自分らしいバンライフを! ミドルサイズでオプション多才な使える欧州バン3選

これだけオートキャンプやバンライフという言葉が一般的になってきたが、日本で買えるバンの種類はまだまだ少ない。
例えばヨーロッパを見渡すと、日本ではまだ正規販売されていないが、日本でも丁度良いサイズで多機能なバンがたくさんあるのだ。
今回は日本バンの王者トヨタ「ハイエース」とほぼ同じ大きさの、日本未発売の欧州メーカーのバン3台を紹介しよう。
 

■ワーゲンバス直系の最新モデル
フォルクスワーゲン T6.1

人気のワーゲンバス、つまりフォルクスワーゲン・タイプII(T1)から始まった同社の商用車シリーズ。ワーゲンバスから数えて6代目となる現行型T6.1は、丸みを帯びる商用バンが多い中、パキッとした直線デザインがカッコいい。
2+2+3の7人乗りとなるマルチバン。2列目シートを180度回転させることができる。
全長約5mと、ワーゲンバスと比べたら随分と成長しちゃったけれど、そのぶん人も荷物もたっぷり載せられる。ちなみに2019年の大幅改良を受け、現行型はそれまでのT6と区別されてT6.1と呼ばれている。
T6.1のボディバリエーションは商用バンのトランスポーターとミニバンのカラベル、その上級モデルのマルチバン、さらにキャンパー仕様のカリフォルニアがある。
バイクを載せたいならトランスポーター、キャンプ道具を載せて出かけたいならカラベルかマルチバン、車中泊したいならカリフォルニアという具合に選びやすいというわけだ。
最も商用車ライクなトランスポーターでさえ、このように乗用車ライクなインパネ。
エンジンは出力違いで3種類の2Lディーゼルターボがあり、4WD車もある。
サイズは標準ボディ(全長4904mm)のほかにロングボディ(同5304mm)があり、トランスポーターには2列目以降をラゲージすることもできたり、2列目や3列目シートを設けたり、助手席下まで長尺物を積載したりすることもできる。
もちろんグレードによって運転支援システムなどの装備も変わる。
ルーフテントや収納棚、キッチン、ターフなどが備わるカリフォルニア。バックドアにはキャンピングチェアが、スライドドアにはキャンピングテーブルが組み込まれている。
なるべく安価なモデルを購入してコツコツと自分仕様に仕上げるか、装備が十分備わっていて最初からバンライフを楽しめるカリフォルニアにするか、ワーゲンバスの末裔は、やはり我々をワクワクさせる存在なのだ。


2/3

RANKING