OCEANS

SHARE

2021.04.10

ファッション

俳優・青木崇高のデニム論「服の中でも特殊なカテゴリーのひとつ」

主演や助演、ゲスト出演でも幅広い役柄で作品にインパクトを与え続ける俳優・青木崇高さん。
今年で41歳を迎えた旅好きのオーシャンズ世代に、釣り堀でひと息ついてもらいながら、デニム論を伺った。
 

大人になって変わった距離感とは

俳優・青木崇高のデニム論「旅をともにしたデニムは旅を終えると姿を消す」
青木崇高●1980年、大阪府生まれ。俳優。ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル」が3月30日(火)放送、映画『るろうに剣心 最終章 The Final』が4月23日(金)、『HOKUSAI』が5月に公開。ドキュメントバラエティ「セブンルール」MC、ラジオパーソナリティ、イラスト・コラム執筆、映像制作など幅広く活躍。
「最近はほとんどデニムをはかないんです」と開口一番。「もちろんデニムをはきたくなるときもあります。たまたま今は、シルエットのキレイなパンツが好きなんですよ」と話す言葉から、青木さんの正直な人柄が滲む。
ただ、話を聞くにつれ、青木さんとデニムとの関係が徐々に浮き彫りになってくる。
大阪出身ということもあり、デニムとの出会いはアメリカ村だったそう。今年41歳を迎えたばかりのオーシャンズ世代。重なる部分も多いだろう。
「高校時代から、リーバイス501の66モデルなどを雑誌やお店で見かけては、これがヴィンテージだのあれがレプリカだの言いながら、どっぷりとデニム文化にハマっていました。同時に、ステュディオ・ダ・ルチザンや、ドゥニームといった日本デニムブランドも出始めた頃で、並んで買ったりもしました。
今思えばそうしたデニムは、体型や、似合う、似合わないは二の次で、手に入れていることの満足感が最優先。無理してはいていたのかもしれません」。
30代を迎えてから、服に対する意識が変わってきたという。
「デニムに限らず、ブランドネームに左右される感覚は、だいぶ薄れてきました。服本来の意味を感じられるようになったのかもしれません。他人が何と言おうが、自分が好きじゃないと意味がない。相対的ではなく、絶対的なもの選びのほうがいいと感じています。
10代、20代は、キツくてもブカブカでも、我慢してお洒落をしてトンガっていた(笑)。でも今は、心地良い服を着てリラックスしたい、そういう服選びになっています」。


2/2