OCEANS

SHARE

秩父では今、クラフトビールが面白い!


いまや全国各地で造られるようになったクラフトビール。秩父にも2017年にクラフトビールブランド「秩父麦酒」が誕生し、注目を集めている。
そんな秩父麦酒のビールをタップで常時約10種類用意するのが、クラフトビール専門店「まほろバル」。

「秩父麦酒の醸造所では、年間40種類ほどのクラフトビールを醸造しています。どれが飲めるかはその時季のお楽しみですが、秩父でしか飲めない面白いビールもありますよ」とまほろバルのオーナー、坪内純二さんはいう。
その言葉どおり、ラインナップを聞くと“味噌ポテト”や“宇治金時かき氷”など、ビールらしからぬ驚きの名が挙がる。そう、秩父のご当地グルメをイメージしたビールがあるのだ。
名前から判断するとやや攻めすぎな気もするが、いざ味わうと、さらに驚くことになる(いい意味で)。
3種類のクラフトビールを少しずつ楽しむことができる「飲み比べセット3種」。990円/まほろバル 0494-26-7303
例えば「しろくまレベル8 宇治ミルク金時ver.」は、確かに宇治金時かき氷の小豆の風味を感じるのだが、味わいは超ドライ。よくあるフレーバービールのように甘ったるくはなく、ビール本来の華やかなホップの香りもするから面白い。
「ビールを醸造するときの煮沸工程で、ホップを加えると同時に小豆を一緒に入れているので小豆の味がするドライなビールになると、秩父麦酒の社長から聞いています」。
秩父のご当地グルメを味わえる(?)ユニークなクラフトビール。気になるその味は、自分の舌で確かめてみてほしい。
[スポット詳細]
まほろバル
住所:埼玉県秩父市番場町17-14 秩父表参道Lab. 1F
電話番号:0494-26-7303
www.chichibu-lab.jp/index.php/shop/mahollobar/


3/3