OCEANS

SHARE

2021.02.20

ニュース

超人気で契約受付2度目の中断。デロンギのコーヒーサブスクの中身

テレワークの普及で、家で飲むコーヒーの量が格段に増えた人は多いハズ。できれば自宅でも、専門店のような旨い一杯を味わいたいという考えに異論はないだろう。
しかし、いちいちドリップするのも、豆を買いに行くのもそれなりに手間やコストがかかる。どうにか省けないものか。
そんな人たちに今、大人気なのが、イタリアの家電メーカー「デロンギ」のサブスクサービスである。

デロンギが昨年11月にスタートしたサービス「ミーオ! デロンギ」。彼らが開発した全自動コーヒーマシンの無料レンタルと、イタリア老舗ロースターのコーヒー豆を定期的にデリバリーしてくれるという内容だ。
実際に届くのは、この「マグニフィカS ECAM22112」。カラーは黒か白から選べる。
手元に届くのは「マグニフィカS」という全自動コーヒーマシン。これを使えば、一杯ずつ豆から挽き立ての本格コーヒーを淹れることができる。コーヒーの濃さや量、抽出温度の設定もでき、好みの味にカスタマイズができるのがうれしい。
キメの細かいフォームミルクが作れるミルクフロッサーも搭載。エスプレッソも淹れられるので、カプチーノやカフェラテだって楽しめる。

豆はイタリアのトップブランド、ムセッティ社がコーヒーマシンに合わせてブレンドした6種類を用意。配達のタイミングで適宜変更できるので、飽きたら「チェンジ!」も可能だ。
カプチーノやエスプレッソに合う豆など、用途や好みに合わせてコーヒー豆を厳選。デカフェも揃う。
気になる価格は、2つのコースから選ぶことなる。
隔月7800円のコースは2カ月に1度、好きな豆がまとめて6袋届き、月額4500円のコースは毎月3袋が届く。最低2年間の継続が条件となるが、期間満了後はコーヒーマシンがそのままプレゼントされる。
1日1杯飲んだとしたら130~150円のコストで、本格コーヒーが味わえる。さまざまな特典も付いてくるためコスパも抜群と言えるだろう。
実はこのサービス、昨年11月にスタートしてすぐに想定を上回る申し込みがあったため新規契約を一時中断。今週月曜に再開したがまたもや申込が殺到し、再び新規契約を見送っている。
デロンギの広報担当者に「申込再開の予定はいつですか?」と聞いたところ、「可能な限り毎月一定数の在庫確保を努めていくので、もう少しお待ちください!」との回答が。
なるほど。コーヒーでも飲みながら、次の機会を待とうかな。
 
[問い合わせ]
デロンギ・ジャパン株式会社
https://www.delonghi.co.jp/
江口和孝=文


SHARE

RANKING