OCEANS

SHARE

2021.01.13

ファッション

「エア ジョーダン」歴代の足跡。ドリームチームからジョーダン2度目の引退まで

「What’s AIR JORDAN」とは……
「エア ジョーダン」という靴が持つ特異な魅力。それを掘り下げるうえで、1992年は特別な年となる。そう、あの“ドリームチーム”でマイケル・ジョーダンが背負った9番の「エア ジョーダン」が世界にジャンプした年だ。
それから2度目の引退を表明する1999年まで、“ふたつのジョーダン”の軌跡を追う。
エア ジョーダン 1〜2「名作が持つ光と影」
エア ジョーダン 3〜6「大きく変わった運命」

エア ジョーダン 7(1992年)

オリンピックの舞台へ羽ばたいた「エア ジョーダン」

「エア ジョーダン 7」が登場した1992年は、NBAの2連覇を成し遂げたマイケル・ジョーダンにとって飛躍の1年となる。
2016年のリオデジャネイロオリンピックを記念したスペシャルバージョン。
同年には、マイケル・ジョーダンが伝説の「ドリームチーム」の一員としてバルセロナオリンピックに参加したことから、第4弾として“オリンピックカラー”が登場している。このモデルは独特の色使いに加え、ヒールにはジョーダンの代表選手としての背番号「9」が入っている。
オリンピックモデルは左右非対称の配色であることが特徴として挙がる。
大舞台での活躍を支えたシューズだけあって、機能のアップデート面でも特筆すべきものがあった。ティンカー・ハットフィールドは1991年に「エア ハラチ」で採用していたシュータンとアッパーを一体にした「ハラチ システム」と呼ばれる設計をこのモデルにも取り入れ、フィット感を格段に高めることに成功。
着脱とフィット感を高めたナイキの独自構造「ハラチ システム」を採用。
ワーナー・ブラザーズの人気キャラクター、バッグス・バニーを起用したプロモーションも「エア ジョーダン 7」を大いに盛り上げた。


2/3

RANKING