OCEANS

SHARE

2021.01.11

時計

ギラつき感なし!ブライトリング「クロノマット」のコンビ時計が大人にしっくりくるワケ

男にとって腕時計は数少ないジュエリーだ。“飾る”ことも大きな役割。
そこで有効な選択肢となるのが、ゴールドを効かせたコンビケースの腕時計。

ブライトリングの新作は、頼もしい相棒となるはずだ。
 

これみよがしにならないシルバー×ゴールド

コンビケースには良くも悪くも派手さがつきまとう。ときには、金無垢よりも悪目立ちすることも。
ところが、この難題を解決した秀作がここ最近急増している。バタフライクラスプ式ルーローブレスレットの採用でスタイルを一新したブライトリングの「クロノマット BO1 42」はその最有力候補のひとつだろう。
まずは3色展開のその姿をご覧あれ。
「クロノマット BO1 42」シルバー、SS×18Kレッドゴールドケース、42mm径、自動巻き。102万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン 0120-105-707)
 
「クロノマット BO1 42」ブルー、SS×18Kレッドゴールドケース、42mm径、自動巻き。131万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン 0120-105-707)
 
「クロノマット BO1 42」アンスラサイト、SS×18Kレッドゴールドケース、42mm径、自動巻き。131万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン 0120-105-707)
ご覧のように、いずれもコンビケースならではの色気を持ちつつ、ギラつき感は皆無。その秘密を解説していこう。


2/2

RANKING