OCEANS

SHARE

2020.12.15

たべる

LA在住の3人の男に聞いた、自宅でできるウェルネスなグルメ術

見た目だけじゃない、心も満たされる最高のウェルネスライフはカリフォルニアからやってくる。
その最前線を実践する3人の“ウェル男”に密着。こだわりの“食”について聞いてみた。
 

[アーモンドヨーグルト]

ウェルネス最前線で生きる男たちの “食のこだわり”
文字どおりアーモンドを原料とするアーモンドミルクは、日本でも話題だ。牛乳由来のカウミルクよりもカロリーや糖質が低く、ビタミンEを豊富に含むため美容にもいいとされる。そしてカリフォルニアでは、2年ほど前からアーモンドヨーグルトなるものも登場。
カシューナッツやココナッツ、大豆などでできたヨーグルトとともに、“ヴィーガンヨーグルト”と呼ばれている。なかでもデイビッドはアーモンドヨーグルトを積極的に取り入れ、自作することもしばしば。
「昔からアーモンドミルクをよく作っていたんだけど、友人からもらった菌で試しに作ってみたら予想以上においしくて」と、今では朝食の定番メニューになった。
市販のヨーグルトに比べてさっぱりした味わい。このまま食べてもいいが、いちごやラズベリーなどのフルーツやはちみつ、ビタミンが豊富なドライフルーツのデーツ(ナツメヤシの実)などを入れることも。デーツは甘みを出したいときにおすすめ。
気になる作り方は、時間はある程度かかるもののいたってシンプル。生のアーモンドとミネラルウォーターを同量ずつ、さらに塩少々を混ぜ、ひと晩寝かせる。そのひと晩寝かせた水を捨て、水分を含んだアーモンドだけをミキサーにかける。再び新しい水を足し、白く滑らかになってから布巾などで裏ごしすると、自家製アーモンドミルクの完成だ。
そこからスプーン1杯のヨーグルト菌を入れてもうひと晩寝かせれば、オリジナルのアーモンドヨーグルトに。
ナチュラルにこだわるウェル男
プライベート・ヴィーガンシェフ&マッサージセラピスト
デイビッド・サイクス Age 37
1983年生まれ。10代後半でLAに移住し、ファッションモデルとして活躍。その後、富裕層や著名人などのプライベート・ヴィーガンシェフに転身。マッサージセラピストでもある。instagram@thedavidsykes


2/4