OCEANS

SHARE

小技が活きたミリタリー・フィッシング・スタイル

ネペンテスの面々とテンカラ釣りをしに北海道・美瑛の渓流へ。さらりと取り入れた小物は、男くさいスタイルに軽妙な味付けを施すだけでなく釣り時にも頼りになる。 ベスト、メッシュパーカ、パンツ/サウスツーウエストエイト、ハット/ダイワ、スカーフ/ニードルス(すべて私物) 
「実家の近くに釣りを楽しめる池があったので、自然とバスフィッシングにハマっていったんです」。
気付けばもう30年以上、多くの時間を釣りに費やしてきたという横溝さん。
今ではそのフィールドは渓流や海へ広がり、釣りの奥深さを日々痛感する日々。そんなビームスが誇るベテランアングラーのウェアは、釣り人の気持ちを汲む専門ブランドに、ファッションブランドを織り交ぜた自由度の高いスタイリングである。

トップスとパンツに起用したサウスツーウエストエイトは、フィッシングをコレクションテーマにも掲げたことがあるほど、釣りとの距離感が近しいファッションブランドだ。
横溝さんが袖を通したベストはその証左で、レイヤードさせたタイガーカモとの相性も抜群。しかも、随所に挟んだ小技もまたいい塩梅だ。

「ハットはゴアテックス仕様で蒸れ知らず。急な雨にも対応してくれます。首に巻いたニードルスの手ぬぐいは、実際、濡れたフライを拭うときにも使えるんですよ」。
まさに、実をとりながら洒落っ気も加味した計算づくなアイテム使い。そのミックス感は、普段の着こなしにも通ずるものがある。


3/3