OCEANS

SHARE

2020.10.30

時計

ピアジェの薄さ、パネライの素材、ロンジンの機構……技術で進化する、腕時計の魅力

精度、快適性、耐久性、美観……など。時計が進化する方向性は実に多様だ。腕時計が生まれたころに比べれば、すべての品質において格段に向上しているのは、間違いない。
そして、今現在、さらなる進化を遂げようとしているのだ。未来志向こそ腕時計の魅力のひとつ。未来への懸け橋ともいえる。
 

高品質化の難しいカーボンを独自の技術で克服

薄さ、素材、機構。常に進化し続ける、先進技術を搭載した腕時計の魅力
腕時計カーボテックケース、44mm幅、自動巻き。142万円/パネライ(オフィチーネ パネライ 0120-18-7110)、ニット3万2000円/スカリオーネ(インターブリッジ 03-5776-5810)、パンツ1万7500円/セラードア、スニーカー2万1800円/リプロダクション オブ ファウンド フォー アダム エ ロペ(ともにアダム エ ロペ 0120-298-133)

PANERAI
パネライ/ルミノール マリーナ カーボテック-44MM

イタリア海軍の要請で生まれた頑強な作りもそのアイデンティティに数えるパネライ。妥協なき進化のプロセスとして、最新の「ルミノール マリーナ」には、複合素材カーボテックが使われるモデルもラインナップする。
自社の研究開発部門「アイデアの工房」によって開発されたこの独自素材は、カーボンファイバーの薄いシートを、管理温度下で高分子ポリマーとともに高圧圧縮。それが、無数の層を成し、ケースの模様にも表出している。カーボン素材ならではの軽さも大きな魅力で、時計全体の重量はおよそ96g。
 

地板とケースを一体化させた名作の豪華版

自動巻きにしてこの薄さ。2014年に登場し時計界を騒がせたのが、キャリバー910Pだ。あいにく見えないが、ブルーCVDとグレーPVDコーティングを施したゴールド製ローターを採用する。K18WG×Diaケース、41mm径、自動巻き。416万円/ピアジェ(ピアジェ コンタクトセンター 0120-73-1874)

PIAGET
ピアジェ/アルティプラノ アルティメート オートマティック

機械式時計における極薄化は、いくつかのウォッチメーカーがその技術を競い合うジャンルのひとつ。斯界をリードするのが、ピアジェだ。
ケースバックが地板の役割を果たし、ムーブメントと一体化させることで、本体わずか5.3mm厚という薄さを実現。結果、モダンなオープンワークや、オフセットされたダイヤルなどのデザインによって、比類なきオリジナリティを創出している。
本作は、K18WGケースに0.58ctのダイヤモンドがセットされたモデル。ジュエラーとしての出自も巧みに表現する。
 

薄型モデルのエレガンスを実現する高性能クオーツ

K18PGケース、縦43.5mm×横31.4mm、クオーツ。126万円/カルティエ(カルティエ カスタマー サービスセンター 0120-301-757) © Cartier

CARTIER
カルティエ/サントス デュモン

昨今のウォッチメーカーの動きとして挙げられるのは、高止まりしていると思われたクオーツ技術の向上だ。マニュファクチュールであるカルティエも、最新の「サントス デュモン」に搭載する高性能クオーツムーブメントにてそれを表現。
エネルギー消費を減らすためにサイズや電池を再検討することで、従来モデルの2倍となる、約6年間の連続作動能力に。コレクションのデザインが一新された薄型モデルに相応しいエレガンスを宿すための最適なソリューションを選択している。


2/3

RANKING