OCEANS

SHARE

今後、注目されるブランドについて

橋本 デザイナーとの相性も人それぞれあると思います。僕は身長が高くないので、ノンネイティブやオーラリー、エヌハリウッドなど、日本人デザイナーの作る服がフィットすることが多いです。もちろん自分に似合わなくてもいいなと思う服はあるので、そういう服は職業柄モデルに着せることで昇華しています(笑)。
「オーラリー」のTシャツ。「素材感とシルエットが絶妙で、自分好み」(橋本)と語るのは、仕上がりを想定して素材から作るウェアに定評があるデザイナー、岩井良太のブランド。極細番手のギザコットンを限界まで度詰めして編み上げたハイゲージカットソーは、柔らかく膨らみのある中綿入り。2万2000円/オーラリー 03-6427-7141
種市 身長の話は、逆のコンプレックスがあるなぁ。ビームス入社当初、服がすごく似合う先輩がいて、パンツの裾幅などを細かく設定している緻密な着こなしに憧れましたね。背が大きすぎると、どうしても大味になってしまうから。
藤井 種さんみたいに、リック・オウエンスのサルエルパンツを着こなせないですからね、普通。
「リック・オウエンス」のパンツ。「流行と別のベクトルで自由にハイレベルなモノ作りをする姿勢に賛同!」(種市)。通常の4倍にもなる量のカシミヤに縮絨をかけて厚みを出したフエルト素材、ボイルドカシミヤを使用。極力縫い目を減らして実現したハイクオリティな着用感に。16万9000円/リック・オウエンス(イーストランド 03-6712-6777)
橋本 うらやましいですよ。身長がない分、緻密にせざるを得ないので。
——デザイナーの癖を消さないように、自分にフィットさせてお直しするのも、すごいこだわりですね。まさに愛着のなせる業。それだけ惚れ込める服ということですね。
藤井 コロナを経て、世の中のマインドも変わってきそうです。またシンプル志向が帰ってくるのでは。
——今はストリート全盛で、ロゴものや柄ものは多いですが、早くも落ち着きを見せ始めていますね。今後、風向きが変わっていきそう。
橋本 ノンネイティブのようなブレないブランドというのは、ますます存在感が高まりそう。僕がシルエットを直さない数少ないブランドでもあるし(笑)。
「ノンネイティブ」のパンツ。服は基本お直し派の橋本さんが「そのままいただく」ほど、シルエットのきれいさに定評のあるノンネイティブのカーゴパンツ。防風性と伸縮性を兼ね備える高密度の織り素材「プライアンテックス」を採用し、さらに耐水性や撥水性も付与している。3万9800円/ノンネイティブ(ベンダー 03-6452-3072)
種市 その辺、藤井くんはバランス感覚がいいと思う。
2011-068
「カンペール」のスニーカー
「カンペール」のスニーカー
1975年の創業より45年間、スペインはマヨルカ島で多様性と型にハマらない独創性を発揮し続ける孤高のシューメーカー。左右非対称のTWINSシリーズからの新作「バーク」は、ガムソールを備えたほっこりしたデザインが持ち味。2万3000円/カンペール(カンペール ジャパン 03-5412-1844)
「コモリ」のニット
「コモリ」のニット
「どれを着ても絶妙なバランス。時代に左右されない強固な姿勢がいいですよね」(橋本)と評されるコモリからは、スキッパー襟があしらわれたカシミヤの定番ニットシャツ。今シーズンの新色である、ダークグリーンの渋い色みもならではのチョイスだ。5万2000円/コモリ(エム アイ ユー 03-5457-2166)
「エンジニアド ガーメンツ」のジャケット
「エンジニアド ガーメンツ」のジャケット
デザイナーの鈴木大器が辣腕を振るうNYのブランド。クラシカルなガンクラブチェックのシェルをスタンドカラー&4つポケ仕様に仕立てた「デイトン シャツ」。「普遍的な魅力を感じる数少ないブランド」(橋本)。3万1000円/エンジニアド ガーメンツ 03-6419-1798
「グラフペーパー」のカーディガン
「グラフペーパー」のカーディガン
ギャラリー機能を持つキュレーター型セレクトショップのオリジナルコレクション。ディレクター、南貴之の手による、ゆったりとしたフィット感が特徴的だ。超細番手スーパー140’Sの糸を18ゲージで編み立てた、光沢のある滑らかな一枚。2万8000円/グラフペーパー 03-6418-9402
「ヘインズ×ビューティ&ユース」のTシャツ
「ヘインズ×ビューティ&ユース」のTシャツ
「少し色気を出すのに最高」(種市)と評するのは、ビューティ&ユースがヘインズに別注したパックT。ネック部分がヨレにくく、少し広めのディティールに。リングスパンコットン100%を度詰めした透け感の少ない生地が特徴だ。各5000円[3枚セット]/ヘインズ×ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893)
「カンペール」のスニーカー
「コモリ」のニット
「エンジニアド ガーメンツ」のジャケット
「グラフペーパー」のカーディガン
「ヘインズ×ビューティ&ユース」のTシャツ

 
恩田拓治=写真(取材) 竹内一将(STHU)、鈴木泰之=写真(静物) 増田海治郎、大西陽子、髙村将司、菊地 亮、秦 大輔、増山直樹=文 長谷川茂雄=編集・文



SHARE

オーシャンズ メルマガ